ブログ&文章術

Googleアナリティクスとサーチコンソールの違いは?【初心者必見の使い分け】

ブログ記事をいくら書いても検索上位に上がらなかったり、なかなか日の目を見ないことも多いかと思います。

そんなブログ記事やサイトを改善していきたい時に、必須と言われているのが「Googleアナリティクス」と「サーチコンソール」。
この2つはすでに導入/登録しましたでしょうか?

アナリティクスとサーチコンソールの違いがわからず、どっちに登録すればいいのか、何のためにどっちを見ればいいのかわからない!と迷ってしまっている人もいるかもしれません。

「アナリティクスとサーチコンソールの違いがいまいちよくわからない…」
「どっちを導入すればいいの?本当に2つとも導入する必要がある?」
「どのようにこれらを使い分ければいいの?」

今回はこんなお悩みを解決するために、アナリティクスとサーチコンソールの違いについて説明していきます!

こんな人にオススメ

・ブログやサイト分析ツールを導入していない
・導入はしたが、うまく使いこなせていない

これを読めばアナリティクスとサーチコンソールの違いだけでなく、それぞれの機能・使い分けについてもわかるようになります。

無料でできるサイト分析を網羅してお伝えしていきます〜!!

アナリティクスとサーチコンソールの違い

Googleが無料で提供しているウェブ解析のツールとして、「Googleサーチコンソール」と「Googleアナリティクス」があります。

「Googleサーチコンソール」は、Google検索における検索の状況やサイトの問題点など「サイトに来る前の問題」を確認できます。

それに対して「Googleアナリティクス」はGoogle検索に限らず他の検索エンジンやWebサイトからの流入数、サイトに入ってから購買につながったかなど「サイトに来てから」の行動が確認できます。

・サーチコンソールはサイトに「アクセスするまでのユーザー行動」を可視化
・アナリティクスは「アクセスした後のユーザー行動」を可視化できるツール

サイトの流入前と流入後、サイト改善のためにはどちらも重要ですので、両者を有効活用してサイトの質を高めていくことが必要不可欠です!

 

サーチコンソールでできること

Googleサーチコンソールは、
・どのような検索キーワードでアクセスしたのか?
・ページ内にエラーが発生しているか?

・コンテンツがGoogleに認識されているか?
などを無料で教えてくれます!

サーチコンソールは、サイトに訪問するまでのユーザー行動を見える化し、アクセスした目的を理解するために役立つため、SEO対策には必要不可欠のツールです!

サーチコンソールでできることとして、大きく以下の4点が挙げられます。

<Google検索でのパフォーマンス確認>
・検索での順位や表示回数、クリック数、クリック率など確認できる
・インデックス状況が確認できる

<リンク状況(URL)の確認>
・被リンクの数やページURL、被リンク元サイトが確認できる
・内部リンクの数やページURLが確認できる

<サイトの情報提供(クローラーへのラブレター)>
・インデックス登録のリクエストやインデックス削除の申請ができる
・URLの変更をクロールに伝えることができる

<サイトの問題点(エラー)の把握>
・表示速度の遅いURLが把握できる
・エラーやペナルティの有無がわかる

インデックスとは、検索エンジン(クローラー)のデータベースにWebページの情報が登録されることです。インデックス登録されることで、Googleにサイトが認識され、検索上位に表示されるスタートラインに立つことができます!

サーチコンソールで注目する数字

クリック数 特定のキーワードで検索した際、何回サイトのURLがクリックされたかを表す
表示回数 特定のキーワードで検索した際、何回サイトのURLが検索結果画面に表示されたかを表す。
クリック率 クリック数/表示回数で算出される
平均掲載順位 自社サイトが検索結果に表示される平均順位

こんな特に使おう!

1、Google検索順位やパフォーマンスを知りたいとき
2、Googleにインデックス(検知)されているか不安になったとき
3、エラーやペナルティ要素がないか確認したいとき
4、サイトの更新情報をクローラーにお知らせしたいとき

検索パフォーマンスの結果を見れば、ユーザーがどのような目的で自社ホームページにアクセスしたのか?など検索意図を読み取れます。

これをもとにコンテンツをリライトするなど、ユーザーニーズに沿った方向性に改善していきましょう!

また、最後の「サイトの最新情報をクローラーに伝える」ことは、記事を描き終える度に行った方がいい作業です。行わないよりも、比較的検索順位が上がりやすくなると言われています。

サーチコンソールについて、より詳しく知りたい人はこちらへどうぞ!

サイトの検索順位を確認する方法【Googleサーチコンソールとは?】初心者が見るべき5項目を解説!ブログ記事を書いても、「自分のブログがちゃんと反映されているかわからない、どうやって記事にたどり着いてくれたのかがわからない、そもそも検索結果画面に出てこない」そんなお悩みはありませんか?これを読めば、自分が書いた記事が検索結果で何位に表示されているか、どこを改善すれば検索順位が上がるのかがわかります!...

 

アナリティクスでできること

Googleアナリティクスは、
・どのような人がどのくらいアクセスしたのか?
・どのようなコンテンツをどのくらい閲覧したのか?
などを無料で教えてくれます!

Googleアナリティクスは、サイトにアクセスしたユーザーの特徴や行動を可視化し、把握するために役立つアクセス解析ツールです!

Googleアナリティクスでは、大きく以下の4つの観点で気づきを得ることができます。

<ユーザー属性>
・誰がどんなデバイスでアクセスしてきたのか

<集客状況>
・どこからサイトに流入してきたか

<ユーザーの行動>
・どのくらいサイトを見てくれたか

<売上への遷移>
・サイトから売上(コンバージョン)に繋がったか

アナリティクスで注目する数字

Organic Search 検索エンジン(Google,Yahoo!,Bing)からの訪問
Refferal 外部サイトに貼られた自社サイトへのリンクをクリックした訪問
Direct ブックマークやQRコードからの訪問
Paid Search リスティング広告からの訪問
Display ディスプレイ広告からの訪問
email メール内のリンクからの訪問
social TwitterやFacebook、LINEなどのソーシャルメディアからの訪問
Other Advertising リスティング広告やディスプレイ広告以外からの訪問
Affiliate アフィリエイトサイトからの訪問

Googleアナリティクスの「メニュー」>「行動」を選択すると、ユーザーがどのページをどのくらい閲覧しているのか?滞在時間はどのくらいか?などサイト内でのユーザー行動を把握できます。

特に、「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」のレポートでは、以下のような指標を確認することができます。

ページビュー数 ユーザーがWebページを閲覧した回数
ページ別訪問数 1回のセッション(ホームペーへの訪問)で 2回目以降の閲覧を含めないページビュー数
平均ページ滞在時間 特定Webページを閲覧した時間の平均
閲覧開始数 特定Webページがランディングページ(自社ホームページの 訪問ユーザーが最初に閲覧したWebページ)になった回数
直帰率 最初に閲覧したWebページのみで そのままホームページから離脱したユーザーの割合
離脱率 特定Webページが離脱ページ(最後に閲覧したページ)に なった割合
ページの価値 特定Webページがコンバージョン(ホームページの成果)に つながった割合
ページビュー数 ページが閲覧された回数
ページ別訪問数 同一セッション内で、同じページの2回目以降の閲覧をカウントしないページビュー数
平均ページ滞在時間 特定のページを閲覧して、そのページに滞在した時間の平均
閲覧開始数 該当ページがランディングページとしての役割を果たした回数
直帰率 サイト訪問後、最初に見たページで離脱したセッションの割合
離脱率 該当のページがセッションの最後に見たページになった割合
ページの価値 該当のページがどれだけコンバージョンに貢献したかを示す指標

 

こんな特に使おう!

・どこのチャネル/SNSから流入しているか確認したいとき
・サイト訪問者の属性(年齢や性別など)が知りたいとき
・サイト離脱の原因を探りたいとき

自社サイトを最も訪れている年齢層や性別、ユーザーの訪問経路が把握できれば、プロモーション・キャンペーンなどの集客施策のヒントが得られるでしょう。

また、ユーザー行動が把握できれば、どのコンテンツが人気があるのか?売上に貢献しているコンテンツはなにか?逆に、離脱の原因となる問題がどこか?などホームページ改善に向けた貴重な仮説を立てることができます!

アナリティクスについてもっと詳しく知りたい人はこちらへ↓

ブログのアクセス数を調べる方法【Googleアナリティクスとは?】初心者が見るべき5項目を解説!ブログを始めたところで、「自分のブログ記事を読んでくれた人がいるのかわからない、読んだ人の反応がわからない」そんなお悩みはありませんか? 反応が全く見えないと、ブログを書き続けるモチベーションも下がってしまいますよね。 今回は、ブログのアクセス数が簡単にグラフでわかるツールについて、その設定方法と、たった5つの確認すべき項目についてお伝えします。...

 

サーチコンソールとアナリティクスの使い分け

サーチコンソール Googleアナリティクス
用途 検索エンジン上でのユーザー行動の分析 サイト内でのユーザー行動の分析
目的 検索順位を上げるため 問い合わせや購入を上げるため
使う人 主にSEO担当者が使う 主に広告担当者が使う

 

サーチコンソールは、ユーザーの使用した検索キーワードを教えてくれたり、エラーページをチェックできるため、SEO(検索エンジン最適化)管理ツールとして使われます。
Googleからの評価を高めてSEOに強いホームページへと育てていくために特に必要不可欠なツールです。

エラーページを沢山抱えるサイトは、信頼性が下がってしまうので、日々サーチコンソールを使ってサイトの状態を管理・監視しましょう。

 

一方のアナリティクスは、サイトにアクセスしたユーザー行動を分析し、より効果的にユーザーを商品購入に促すよう、サイトを最適化する目的で使われます。
たとえば、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作る、流入の多いメディアに広告配分を集中させることなどが打ち手として出していくことができます。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスは、このように目的によって使い分けをしましょう!

 

サーチコンソールとGA4は連携できる!

Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させれば、サーチコンソールでのみ見られる「検索キーワード=検索クエリ」を、アナリティクスの画面上で確認できます。

この2つを連携して、アクセス前とアクセス後のユーザーの動きを一気通貫で確認できるようになり大変便利です!

<アナリティクスで確認できる項目が増える>
Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させると、アナリティクスの「メニュー」>「集客」>「Search Console」から、以下の4つのデータを確認できるようになります。

ランディングページ Google検索で訪問したユーザーが最初に目にするWebページ
Google検索で訪問したユーザーがアクセスしてきた国
デバイス Google検索で訪問したユーザーが使用するデバイス
検索クエリ Google検索で訪問したユーザーが使用した検索キーワード

 

【1分で完了!】連携方法

連携方法は非常に簡単で、たったの1分でできちゃいます!

1.GA4管理画面[管理]>「Search Consoleのリンク」>「リンク」をクリック

2.連携内容を設定

  1. 連携する[Search Consoleプロパティ]を選択して[確認]をクリック。
  2. 連携する[ウェブストリーム]を選択。
  3. 選択した内容を確認して送信する。

送信後画面が切り替わります。「リンク作業済み」が表示されたら、GA4とサーチコンソールの連携は完了です!

連携すると見られるレポート2種

GA4とサーチコンソールを連携すると下記2つのレポートが作られ、ここでサーチコンソールデータを確認できるようになります。

1、「Googleオーガニック検索レポート:ランディングページ」レポート
2、「Googleのオーガニック検索クエリ」レポート

GA4で見ることができるようになるサーチコンソールのデータ>

クリック数 特定のキーワードで検索した際、何回サイトのURLがクリックされたかを表す
表示回数 特定のキーワードで検索した際、何回サイトのURLが検索結果画面に表示されたかを表す。
クリック率 クリック数/表示回数で算出される
平均掲載順位 自社サイトが検索結果に表示される平均順位

ただし、「Search Console」のデータはあくまでGoogle検索で流入したユーザーのみを数値化したものであるので、それを踏まえてデータを見る必要があります。

また、連携後48時間経たないと数字は反映されませんので、最初は数字が出てこないからと慌てずにお待ちくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログ記事やサイトを改善していきたい時に、必須と言われているのが「Googleアナリティクス」と「サーチコンソール」。

アナリティクスとサーチコンソールの違い、それぞれの機能・使い分けについてお伝えしました。

この記事のまとめ

<Googleサーチコンソール>
検索エンジン上でのユーザー行動の分析ツール
検索順位を上げるために活用しよう!

<Googleアナリティクス>
サイト内でのユーザー行動の分析ツール
問い合わせや購入を上げるために活用しよう!

SEO対策については後日記事にまとめますね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

カテゴリー