ブログ&文章術

【ブログカテゴリーとは?】一目でわかる初心者必見の作り方解説!

「ブログを始めて『カテゴリー』という単語を目にするけれど、いったいなんなのか、どんなカテゴリーを作ったらいいのかよくわからない〜!」と困っていませんか?

今回はカテゴリーとは何なのか、設定方法、具体的な失敗例、すぐできる作成方法まで隈なくお伝えしていきます!

ここにボックスタイトルを入力

・カテゴリー設定がまだできていない人
・カテゴリーを適当に作ってしまった人
・たくさん作ってみたがこれでいいのかわからない人

この記事を読めば、ブログカテゴリーが最適化し、読み手にとって読みやすいブログになります。

そして何のブログが理解されやすくなり、いろんなブログ記事を読まれやすくなるので、SEO効果も高まります!

トクちゃん
トクちゃん
SEO効果が高まると、Web検索で上位表示されやすくなり、たくさん読んでくれる人が増えるよ!

ブログのカテゴリーとは?

カテゴリーとは分類分けのこと

ブログのカテゴリーとは、「記事の分類」のことです。

ブログ記事をカテゴリー分けすることでこのようなメリットがあります!

・ブログ記事が見つけやすくなる
・ブログの概要やポイントを伝えられる
・ブログ内で他の記事への誘導を促すことができる

どんなに魅力的なサイトでも、自分の興味のある記事だけが書かれているわけではなく、興味が全くなかったり、クリックをしない記事も含まれていますよね。

自分の興味のある記事だけ表示させたい!

そんな時に「カテゴリー」があればフィルターのような役割で、読み手の興味のある記事に絞り込むことができるのです!

【豆知識】親カテゴリーと子カテゴリーがある

ブログ記事が100以上の数などに増えると、一つのカテゴリーに多くの記事が含まれるようになります。

その際にカテゴリー(親カテゴリー)をさらに分類して、その階層の下に「子カテゴリー」を設けることができます。これを「カテゴリーの階層化」と言います。

このようにカテゴリーは必要に応じて階層構造を持てるため、ブログ記事が多くなってきたら、やりすぎて逆にわかりにくくならない程度にカテゴリーを階層化してみましょう!

【豆知識】カテゴリーとタグの違い

ブログ記事を分類する方法として、カテゴリーの他に「タグ」というものがあります!

「カテゴリー」は縦の分類
「タグ」は横の分類

例えば日本全国の旅行ブログで「東京」「大阪」「北海道」というカテゴリーがあるとして、「東京」のカテゴリーには「東京で泊まりたいホテル」や「東京で行きたいレストラン」などが入っているとします。

どのカテゴリーでも「ホテル」を紹介した記事があれば、「ホテル」というタグをつけておくことで、読み手はカテゴリーの枠を超えて日本全国の「ホテル」をみることができます。

カテゴリー タグ
分類方法 ブログの主要テーマによって分ける ブログテーマに沿ってなくてもOK
階層構造 ◯(親子の設定が可能) ×
いくつ? 一つの記事に一つのカテゴリー 一つの記事に複数のタグが設定可能
必要性 必須 やらなくてもOK

 

 

カテゴリーは絶対に設定するべし!

【メリット1】訪問者が複数の記事を読んでくれるようになる

カテゴリーの最大のメリットは「読み手が記事を探しやすくなること」です。

カテゴリーを設けて記事を分類・整理することで、読者はブログにどんなジャンルの記事があるかがわかり、関連記事を探しやすくなります!

「カテゴリー一覧」は、ブログ画面の上部右側にあるのが一般的です。
(スマホでは、上部や下部にあるよ)

Google検索などで記事に入ってきて読んでくれた人に、「他にも関連する記事もあるよー!」と示してくれるのがカテゴリーです。

ブログ記事を書いたら絶対設定しておきましょう!

【メリット2】SEO対策・PV数の獲得につながる

読み手にとって、記事閲覧の道標となる「カテゴリー」は、検索エンジンにとっても便利なガイドになります。

トクちゃん
トクちゃん
検索エンジンって?

検索エンジンとは、ユーザーに有益な情報を提供するサイトやコンテンツを探して、そのような記事を上位に表示させる、Web検索の順位付けを行うシステムです。

サイトが有益なものかを判断するために、クローラーというロボットをネット上を動き回らせ、Webサイトを巡回(クロール)します。

Googleがページを検出できるようにする方法として、「コンセプトに基づいたわかりやすいページ階層となるようにサイトをデザインしよう」と言われています。

カテゴリーが設定されていれば、Googleのクローラーが反応しやすくなりますし、ユーザーの滞在時間が伸びれば、より「有益なサイト」と判断されやすくなります!

カテゴリーを設定する

読み手が記事を探しやすくなり、他の記事も見てくれる

サイト滞在時間が長くなる

クローラーが「有益なサイト」と判断しやすくなる

Webで上位表示されやすくなる

カテゴリーの設定は、 SEO対策の視点でも重要なのです!

 

カテゴリーを作るコツ

【コツ1】競合サイトのカテゴリーを見てみる

まずは同じジャンルや同じテーマを扱っている競合ブログが、どんなカテゴリー設定をしているかも参考にしてみましょう!

ただし、大規模なブログの場合は親カテゴリーの数が多く、子・孫カテゴリーの階層も深いものが多いため、そのまま真似するのは望ましくありません。

途中でもカテゴリーの名前や階層は変更することができるので、記事数に応じて適切な数のカテゴリーを作りましょう!

【コツ2】ブログの「検索キーワード」を親カテゴリーにする

カテゴリー名には、読者が検索に使うであろう言葉を含めることが効果的です。

なぜならば、読み手は常に検索したキーワードを探しながら記事を読むからです!

・自分が検索したキーワードに類似のカテゴリがあるサイト
・自分が検索したキーワードに類似したカテゴリがないサイト

こちらを比べると圧倒的に前者の「自分が検索したキーワードに類似のカテゴリがあるサイト」の方が「このサイトには自分に役立つ情報がありそう」「このサイトは専門性が高そう」「信頼できそう」と感じられますよね。

例えば、「ブログ 書き方」で検索しそうな人をターゲットとしているなら「書き方」をカテゴリー名にするイメージです!

・2語以内で簡潔に
・難解な言葉、専門用語は使用しない

カテゴリー名は長くなるほど具体的になりますが、カテゴリー内に収まる内容が狭くなってしまいます。

狭めすぎないように注意しましょう!

【コツ3】初心者は3~4個に絞る

目安として、記事数が約50本でカテゴリーは3,4つ程度が妥当です!

記事数が少ないときにカテゴリー数を増やすと、1カテゴリーに属する記事が少なくなり、「これだけしか情報がないのか」と悪い印象を与えてしまいます。

なるべく厳選してカテゴリーを設定しましょう!

 

初心者がやりがちな失敗例

【失敗1】階層を作りすぎる

先ほどもお伝えした通り、階層やカテゴリーが多すぎると、記事がそこまで多くないうちはかえって見えにくくなってしまいます。

50記事未満の方は、子カテゴリーなど階層を作らず、親カテゴリーのみでまとめるのがお勧めです!

【失敗2】「その他」がある

どのカテゴリーにも属さない記事があるからといって、「その他」というカテゴリーを作って収納するのはNGです。

カテゴリーの一覧に「その他」があっても、読み手はわざわざクリックして「その他」の記事を読みに行きません。

ブログテーマや検索ニーズに沿ったカテゴリー設定をしていると思いますので、そのカテゴリー内に当てはまる記事を書くようにしましょう!

「カテゴリーに属さない記事は書かない」というスタンスが大事です。

 

WordPressでのカテゴリーの作り方

カテゴリーを作る

1、まずはダッシュボード「投稿」> 「カテゴリー」をクリック

2、必要事項を入力

・名前:カテゴリー名(ブログに常時される言葉)
・スラッグ:URLにつく言葉。半角英文字で入力
・親カテゴリー:子カテゴリーを作る時に使用。50記事未満の初心者は「なし」で親カテゴリーでの分類のみでOK
・説明:任意なので、特に空白でOK

3、一番下の「新規カテゴリーを追加」をクリック
(左のエリアで作成したカテゴリーが、右のエリアに表示されれば作成完了)

ブログ記事にカテゴリーを設定する

すでに書いてしまっている記事にも、書き途中の記事にも、簡単にカテゴリーを設定することができます!

<記事編集画面から>
記事編集画面の右にカテゴリー設定が表示されるため、その記事を入れておきたいカテゴリーに「✓」を入れるだけです。とっても簡単!
(未分類からチェックを外すのを忘れないように!)

<投稿一覧から>
「ダッシュボード>投稿>投稿一覧>クイック編集」
編集画面にいかなくても、投稿一覧画面で変更することができます!

カテゴリーをトップページに表示させる

1、投稿>カテゴリー>カテゴリーIDを控える

2、外観>カスタマイズ>トップページ設定>トップページの記事一覧に表示させるカテゴリーID(8:マインド、9:スキル、7:成長記録)

3、外観>ウィジェット
左の「カテゴリー」を右の「サイドバー」の位置にドロップする
タイトル:何でもOK。初心者はわかりやすく「カテゴリー」でいこう!

4、トップページにカテゴリ追加できた!

まとめ

カテゴリーとは何なのか、設定方法、具体的な失敗例、すぐできる作成方法まで隈なくお伝えしました!

まとめ

・ブログのカテゴリーとは、「記事の分類」のこと
・カテゴリーを設定するメリット
・読み手が複数の記事を読んでくれるようになる
・SEO対策にもなる、PV数が増えやすくなる
・キーワードを作るコツ
・「検索キーワード」を親カテゴリーにする
・初心者(記事50本未満)は最大4つまで!

カテゴリーは読者にもブロガーにも便利な情報整理の仕組みです。
ブログ記事を書いたら絶対設定しましょう!

本日も最後までお読みいただいてありがとうございました。

 

ブログを始めたい人へ!

本サイトは、「1年後に副収入で月額30万円稼ぐ」を目標にした薬剤師が、Web副業するにあたって必要な知識やスキルを全公開していくサイトです。

ブログを簡単に開設できる方法もお伝えしていますのでぜひご覧ください!

初心者必見!【ブログ開設方法】知識ゼロでも楽勝マニュアル(スクショあり)ブログをはじめる際の最大のハードルは、最初のブログの立ち上げだと思います。 用語の意味や理由よりも、手っ取り早く何をすればブログが作れるのか知りたい! そんな人に絶対読んでほしい、この通りに行えばすぐにブログが立ち上げられる、完全実践マニュアルとなっています。...

ブログを始めるなら、国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」が絶対必須です!ぜひこちらから新たな一歩を踏み出しましょう!

https://business.xserver.ne.jp/



カテゴリー