ブログ&文章術

脱初心者!読まれるブログ記事の書き方・コツ・手順まとめ

こんにちは!トクログです!

WordPressの設定は完了したものの、いざどうやってブログを書けばいいかわからない!そんなお悩みありませんか?

トクちゃん
トクちゃん
何から書き始めればいいの?

ブログの書く手順を覚えれば時間短縮はもちろん、読みやすい構成でブログ記事が作れるようになります。

本記事では、どんなブログを書く際にも共通して使える、ブログの書き方・コツを手順に沿ってお伝えします。

こんな人にオススメ

・何から記事を書けばいいかわからない
・思うようにブログが書けない
・ブログを書く手順やコツが知りたい

この記事を読んで、この通りに書き始めれば、プロっぽいブログが自分でも書けるようになります!最初は時間がかかってしまうと思いますが、徐々に慣れてきますので辛抱強くこの手順でたくさんブログを書いてみてくださいね!

WordPressの初期設定がまだの人はこちらからチェック↓↓

10分でできる!ブログをプロっぽくするワードプレスインストール後の初期設定書き方がわからない、目次が表示されない、ブログデザインがダサい、全く検索に引っ掛からず人に見てもらえない…そんな事態を防ぐために、今回は、WordPressのインストール後、ブログを書き始める前に、やるべき初期設定について解説します。 短時間で自分のブログをプロっぽく仕上げ、検索にヒットするちゃんとしたブログにすることができますよ!...

記事の書き方・手順・コツ

<記事を書く手順>

1、タイトルを書く
2、パーマリンクを英語にする
3、見出しを作る
4、リード文を書く
5、本文を書く
6、装飾や画像を挿入する
7、アイキャッチを設定する
8、カテゴリを設定する
9、プレビューで見直し
10、公開

この手順で書き進めるのが一番効率が良いです!
順番に説明していきますね!

1、命がけでタイトルをつける!

命をかける必要はないですが、そのくらい「タイトル」が重要です。笑

この記事でどんな悩みが解決するか、を分かりやすくタイトルに込める

読み手は、必ず何かしらの「目的」をもってGoogle検索し、ブログにたどり着きます。

目的とは、「~について知りたい」「~を買いたい」「~へ行きたい」「~したい」などのさまざな悩みの解消や問題解決です。

タイトルでは、まず「この記事を読めば、あなたの悩みや問題は解決します」ということが一瞬で伝わる文章にしましょう。

タイトルの付け方のコツは4つ

・検索エンジンで狙っているキーワードを使う
・スマホでの表示を考えて30文字程度に収める
・前半に伝えたいことを入れる
・悩みが解決した未来がイメージできるタイトルにする

これらを心がけてみてください!

まず狙っているキーワードを絞ったら、それで一回Google検索をしてみて、競合のブログ記事がどんなタイトルをつけているか研究することが大切です。

競合よりも目を引くタイトルが思い浮かぶようになれば、最高です!

(私もタイトル付けが一番苦労しています…日々訓練です…)

 

2、パーマリンクを 日本語→英語にする

パーマリンクとはウェブサイトの各ページに対して個別に与えられているURLのことです。WordPressでは「タイトル」を入力すると、タイトルを含んだURLが勝手に自動で生成されます。

 

「Rich Table of Contents」という、自動で目次を生成するプラグインを設定したのを覚えていますでしょうか?パーマリンクが日本語のままだと、うまく目次が反映されない可能性があるため、「Rich Table of Contents」で自動で目次をしっかり反映させるためにも、パーマリンクを英語にする必要があります。

Google翻訳にタイトルをそのまま入れて表示された英語をそのまま使用してもいいですが、なるべく短い単語に代えて、短く意味に齟齬のないURLにしましょう!

3、見出しで結論を伝える!

「タイトル」の次に重要なのが「見出し」です。

ブログ記事を読む際に、皆さんまずは「目次」に目を通しませんか?

「見出し」は後々「目次」になる部分ですので、見出しを使って本文の内容をキレイに整理することで、読みやすいブログを作ることができます。

自分の悩みが解決できるかを「見出し」を通して表現する

ブログ記事で伝えたいことを箇条書きにして、それを元に「見出し」を作ります。

「見出し」には言いたいこと、つまり結論を書いて、それを見た人に「本文まで読みたい!」と思わせることが重要です。

H1(タイトル)>H2(大見出し)>H3(小見出し)

注意したいことはこの大小関係です。

必ずH2の下にH3が来るようにしないと、読み手からもGoogleからも「読みにくい記事」と認識されてしまいます。

いきなりH4が出てきたり、H3の中の要素としてH2を置かないようにしましょう!

 

4、興味を惹きつけるリード文を書く!

リード文とは、クリックした際にファーストビューで目に入る「記事の導入部分」のことです。

リード文には簡単に結論を書こう!

ポイントは、どんな悩みが解決できるのか問題の解決方法を記載すること。

「読者の悩みの代弁」「その解決方法の提示」「どんな人を対象とした記事なのか」をセットで書くと効果的です。

長すぎると読む気もなくなってしまうのでなるべく1スクロール内(1つの画面内)に収まるくらいの長さが理想です。とても重要な部分なので、ボックスで囲って箇条書きにするのも良いでしょう。

とにかく短く簡潔にまとめることを意識します!

 

5、やっと、、、本文を書く!

ここまできたらやっと本文を書いていきます。

「見出し」に肉付けをしていくように、見出しに沿った文章を書いていきます。

【QUESTフォーミュラー】怪しい壺も買いたくなる禁断のライティングうまく商品を購入させる文章が書けない…そんなマーケ初心者の悩みを解消する、とっておきのセールスライティングの「型」が存在します! 消費者心理の流れに沿ったセールスコピーを簡単に書くことができる、この「QUESTフォーミュラー」。初心者でもこの「型」に従って文章を組み立てていくことで、人のモチベーションや購買意欲をある程度コントロールすることができる文章が作れるようになります!...
【PREP法】これができないと舐められる!社会人必須会話術!もっとうまく話せたら…そう思ったことはありませんか? 生きていく上で特に転職するなど、薬剤師ではない職種にスキルチェンジしていくときに、伝えるスキルは必須であり、逆にこれができないとすぐに世の中からなめられます(泣)わかりやすく説明する時に絶対に知っておいてほしい文章構成「PREP法」についてお話ししていきます!...

下のポイントを意識しつつ、構成としてはPREP法QUESTフォーミュラーを駆使しましょう!

・なるべく少ない文章量を意識する
・長くなる場合は箇条書き
・適度に改行を入れる
・専門用語を減らす
・テンポの良い文章を意識する

 

6、装飾や画像を挿入して整える

WordPressの初期設定で、「WordPress Shortcodes Plugin-Shortcodes Ultimate」(記事を装飾するときに見た目でデザインが選べる)プラグインを導入したと思います。

そのプラグインのおかげで、ブログ編集画面の下部に「ボックスデザイン」という一瞬でこのデザインを選択するとどう見え方が変わるのかがわかる一覧が表示されています。

こちらの「コードをコピー」から装飾をしたり、「スタイル」>「マーカー1」などで下線を引いて文章を見やすくしていきましょう!

 

また、「H2の下に画像が入るとキレイなブログ!」という暗黙のルールがあります。

私はこの無料画像検索サイト「ODAN」で画像をよく拾っています。

文章に合った著作権フリーの画像を見つけてきて、H2見出しの下に挿入すればプロっぽい見た目に整いますよ!

 

7、アイキャッチ画像を入れる

「アイキャッチ画像」とは、ブログのトップページを表示したときの記事一覧で表示される画像のことです。

これを設定しないと「NO IMAGE」と表示されてしまいますので、拾ってきた写真をアイキャッチに設定するのでもいいですし、私のブログ記事のように文字を入れた画像を別途作って設定してもいいです。

ブログ編集画面の赤枠の設定から画像をアップロードし設定することができます。

 

8、カテゴリ設定して動線を作る

カテゴリとは、投稿した記事をジャンルごとにグループ化するためのもので、いわゆる「フォルダ」です。

投稿のカテゴリー分けがわかりにくいと、なかなか目当ての情報にたどり着けず、探している途中であなたのサイトから離脱してしまう可能性があります。サイト内の投稿がカテゴリーに沿ってキレイに分類されていると、ユーザーは自分が見たいと思う情報をすばやく見つけることができます

・1つの投稿には1つのカテゴリー
・未分類のカテゴリーは使用しない

新しくカテゴリーを作成するときは、「新規カテゴリーを追加」の項目を入力します。「名前」にカテゴリー名を設定。スラッグはカテゴリーページのアドレス名になり、URLの一部として使われますのでローマ字で入力します。

また、ブログのトップページから記事のカテゴリ検索ができると、ユーザー動線もわかりやすくなるのでぜひ設定しておきましょう!

カテゴリをブログトップページに表示させる方法

1、カテゴリを複数設定

2、投稿>カテゴリー>カテゴリーIDを控える

3、外観>カスタマイズ>トップページ設定>トップページの記事一覧に表示させるカテゴリーID(8:マインド、9:スキル、7:成長記録)

4、外観>ウィジェット>サイドバー>ここにカテゴリーの項目を左からドラッグ&ドロップする

5、トップページにカテゴリ追加できた!

 

9、プレビュー>ユーザー目線で見てみる

スマホの画面で自分の書いたブログ記事を見てみること!

ほとんどの人がスマホで記事を読みます。

・画像の大きさは適切か
・文章量は適切か
・区切りや改行が適切か

これらをユーザー目線で最終チェックし適宜修正しましょう!

10、遂に公開!

お疲れ様でした!
これでやっと1記事完成です!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

ブログを書き始めるとき、どういう手順で、何から書けばいいかわからなくなりますよね。

そんな人に実践してみてほしい、一番効率の良い執筆手順をお伝えしました。

<記事を書く手順>

1、まず、命をかけてタイトルを書く
2、パーマリンクを英語にする
3、見出しで結論を伝える
4、興味を惹きつけるリード文を書く
5、やっと、本文を書く
6、装飾や画像を挿入する
7、アイキャッチを設定する
8、カテゴリを設定して動線を作る
9、ユーザー目線で見てみる
10、遂に公開

特に、いきなり本文から書き始めるのではなく、タイトルや見出しを作ってから本文を書き始める、ということがポイントです!

結果的にこれが一番効率の良い手順になりますし、要点を抑えた記事を書くことができるようになります。

ぜひ今回お伝えしたこの手順で、たくさんブログを書いてみてくださいね!

カテゴリー