ブログ&文章術

【簡単5分】おしゃれなブログ用アイキャッチ画像の作り方!配色センス100点の裏技も!

「ブログのアイキャッチ画像を作るのに時間がかかっている」
「アイキャッチ画像がなかなか素人感あって困る…」

こんなお悩みありませんか?

アイキャッチ画像とは、SNSでブログをシェアしたときや、ブログ内の記事一覧などに表示される画像のことです。

今回は、たった5分でできる、おしゃれなアイキャッチ画像の作り方をご紹介します!

デザインセンスに自信がない人でも大丈夫ですので安心してください(笑)
おしゃれになるポイントさえ掴めば、センスゼロでも簡単に「褒められ間違いなし!」のアイキャッチ画像を作ることができますよ!

こんな人にオススメ

おしゃれなアイキャッチ画像を作りたい
デザインセンスゼロでも問題ない方法が知りたい
・できるだけ簡単5分以内に作れる方法が知りたい

 

ブログアイキャッチの作り方【たった5分】

画像編集を行ったことがない人でも慣れたら5分で作れるアプリ「Canva」での作り方をご紹介します。

「Canva」はテンプレートや画像を選んで文字を入れるだけで、とても簡単におしゃれなアイキャッチ画像が作れるツールです。

① Canvaのログイン・アカウント作成

まず、Canvaのサイトに行き、右上のボタンからログインします。
登録したことがない人は、右の「登録」ボタンから会員登録をしましょう。
※有料プランもありますが、無料プランでも十分使えますので、まずは無料プランで使い始めてみることをお勧めします!(私は無料プランを3年ほど使ってます)

② 画像サイズの指定

<WordPressにJINテーマ以外を導入している場合>
テーマに推奨されている画像サイズがないか調べてみましょう。
もし推奨がなければ、アイキャッチを作る際は、縦630×横1,200pxで作るのがオススメです。比率は、縦横比1:1.91がおすすめです。Googleでは横1,200px以上、縦×横の解像度は80万px以上の画像が推奨されているためです。

<WordPressにJINテーマを導入している場合>
私はJINというワードプレステーマを使っており、JINの公式サイトで添付画像はこのように推奨されていました。

JINではアップロードしてもらった画像を、16:9の比率になるよう自動トリミングするようになっています。そのため横幅が760px以上の画像をいれてもらえると綺麗に入ります(縦は自動で切り取られます。)

そのため、JINを使っている人は16:9の比率でアイキャッチ画像を作った方がいいです。
私は、横760px:縦428pxが16:9ですので、このpxサイズで作成しています!

Canva:「デザインを作成」>カスタムサイズ

ここから自分の好きなサイズで画像を作り始めることができます。

③ テンプレート選択

デザイン>テンプレート>左の検索ボックスに検索したい文字を入力・検索

試しに「アイキャッチ」と検索するとこのような画像が出てきました!
ちなみに冠マークがついているのは、有料プラン契約者のみ利用できるデザインですので、使用したい場合はアップグレードしてみてくださいね。

試しに一番上に表示されたこちらのテンプレートを使用してみようと思います。

④ 文字を入力する

この記事のタイトル「【簡単5分】おしゃれなブログ用アイキャッチ画像の作り方」を入れてみました!

とっても簡単ですね!!!!

トクちゃん
トクちゃん
そして文字を入れたと同時にやってほしいことが3つあるよ!

・フォントを変える
・文字間隔・行間隔を整える
・文字の大きさを調節する

1、【フォントを変える】
今回はイメージに合っているのでこのまま変えずにいこうと思います。

親しみやカジュアルさを重視する場合は「ゴシック体」
信頼や権威性を重視する場合は「明朝体」

2、【文字間隔・行間隔を整える】
文章の一文は二行になってしまっていても、流れで読めるように行間隔を狭くしましょう。
文字間隔は、文字数を多く入れたいがために狭くしたい気持ちもすごくわかりますが、文字と文字が重なって潰れないように、適度な間隔が大事です

3、【文字の大きさを調節する】
ここは言うまでもなく、ポイントとなる単語に目が行くように、文字の大きさを大きくしたり、文字の色を濃くしたりしましょう!

上記踏まえて、微調整してみたのがこちらになります↓↓
簡単に出来上がりましたね!!!

⑤ 画像の書き出し

右上「共有」>ダウンロード

ファイルの種類は「PNG」か「JPG」で保存しておけば問題ありません。

複数ページがある時は、一括でダウンロードすることも、特定の1ページだけダウンロードすることもできますよ!

初心者がやってしまう失敗5選

ここで初心者がやってしまいがちなデザインの失敗を5つご紹介します!

① 画質が悪い

画質が悪くてギザギザしている写真がアイキャッチ画像の場合、記事を読みたくなくなりますよね…

先ほどお伝えした画像サイズでCanvaで作成し始めることができていれば、何も考えずにダウンロードしてしまって問題ありません。

しかし、作成段階から「画質悪いな…」と思いながらCanvaで作った画像は、99%ダウンロード後も画質が悪い画像になります。

そのため、Canva外から画像を拾って載せる場合は、適当にWebで探すのではなく、こちらODANのような無料画像サイトから拾ってくるようにしましょう!

② 余白がない

人の好み問題もあるので一概には言えませんが、基本的に余白がないと見えにくくなってしまいますし、何が伝えたいことなのかがわかりにくいです。

「伝えたいことを全部盛り込みたい…!」

そうですよね。気持ちはとってもわかります笑

しかし、特に目立たせたい部分に目がいくように、デザイン(文字サイズ・色)の強弱を心がけましょう!

③ 文字が見えにくい

おしゃれにしようと考えすぎて、色を多用したりするとかなり文字が読みにくくなってしまうことが多いです。

また、背景に写真を入れると同じ現象が起き、文字が読みにくくなります。

フォント・文字色・文字サイズ・背景色全てにおいて、まずは「読者が読みやすいデザインにする!」と言うことを心がけてくださいね。

タイトルを読んでもらえないと、記事コンテンツをクリックして読んでもらう可能性も、とても低くなってしまいます。

写真を背景にする場合は、写真の色を暗くしたり、四角形を挿入して文字を際立たせることが裏技的コツです!

④ 統一感がない

毎回のアイキャッチ画像に統一感がないと、ブランドイメージが固まりませんし、さらに信頼感の喪失にまで繋がってしまいます、、、!

「色の組み合わせにも自信がないんだよな…」

とっても気持ちわかります!!!

そんな時、色を何使えばいいのか困った時の裏技は、こちらのサイトから色の組み合わせを拝借することです!

Happy Hues – Webサイト用配色参考サイト
Color Hunt – 配色パレット参考サイト

おしゃれな配色の組み合わせが一覧でまとまっているので、とっても参考になります!
ぜひ色に迷ったら、こちらの組み合わせを真似してみてくださいね。

⑤ 同じ画像を使いすぎている

複数の記事やコンテンツを挙げていくかと思いますが、毎回全く同じイラストのみを使用していると新鮮感がなく読者は飽きてしまいますし、「この記事前に読んだものと同じかも?」と誤解させてしまうこともあるかと思います。

同じようなイメージを想起させる、別のイラストを使って画像を作るようにしましょう!

しかし、自分の最初に選んだイラストに近い他のイラストを探すのは大変ですよね。

ご安心ください!

そんなお悩みを一瞬で解決する「Canvaの裏技」をご紹介します!!!!笑

1、似た画像を見つけたいイラストをクリック
2、「詳細」(iマーク)をクリック
3、「似ているアイテムを表示」をクリック

たったこれだけで、似たテイストのイラストが表示されます!

ここからイラストを選ぶことで、統一感を持たせながら、飽きさせないアイキャッチ画像を作ることができますよ!

 

最後に(画像圧縮ツールのご紹介)

いかがでしたでしょうか?

今回は、たった5分でできる、おしゃれなアイキャッチ画像の作り方をご紹介しました。

Canvaたった一つで、センスゼロでも簡単に「褒められ間違いなし!」のアイキャッチ画像を作ることができます。

ここで最後のポイントですが、画像が重すぎるとサイト表示速度がだんだん遅くなってしまいます。サイト表示速度が遅いと、読み手をイラつかせてしまうだけではなく、Googleの検索上位表示もされにくくなってしまいます。

トクちゃん
トクちゃん
画像はWordPressに載せる前に、圧縮しよう!

こちらの無料画像圧縮Webツールで圧縮してから、WordPressにアップロードするようにしましょう!(圧縮した画像が、画質悪すぎないかは確認してくださいね!)

jpgやpng形式の画像を圧縮して軽量化してくれるサービス「TinyPNG」

それでは今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

カテゴリー