動画

【YouTubeの始め方】初心者必見のテーマ・コンセプト・コンテンツ|どんな発信をすればいい?

「YouTubeを始めてみたいけれど何を発信すればいいのかわからない」
「自分が発信してみたいテーマはあるけれど、本当にこれでいいの?バズらなかったらどうしよう」

こんなお悩みありませんか???

本日は、YouTubeを始めるときにまず考えたい、一番大事なテーマ・コンセプト・コンテンツ内容についてお伝えしていきます!

実際に自分でビジネスをするのであれば、今後影響力の大きいYouTubeでの発信は必須になってきます。数百文字、数千文字の文章よりも、動画をみた方が理解もファン化も速いからです。

また、ビジネスをする予定のない人でも、YouTubeを今後やる予定がなくても、仕掛ける側の思考は身につけておいた方がいい内容です。いつまで経っても仕掛けられる側で一生搾取されるのは嫌ですよね。。。

今の時代は言われた通りにやっても稼げる時代ではないので、自分で発信する側になることが必要です。

今回の記事を読んで、YouTubeを始めるにあたって一番大事な初期戦略をクリアし、発信者・仕掛ける側としての第一歩を踏み出しましょう!

YouTubeの発信テーマの決め方

「YouTubeを始めてみたいけれど何を発信すればいいのかわからない!!!」

トクちゃん
トクちゃん
ですよね。わかります、その気持ち!!!

YouTubeで既に活躍されている人が多数いる中で、自分が今から発信し始めても遅いのではないか。一体自分に何が発信できるのか。

そんな思いを巡らせては、競合がいなさそうなジャンルやテーマを見つけられずに、配信者としての一歩を踏み出せずにいると思います。

そんな時はこの流れでジャンルを見つけるようにしましょう!

  1. 需要があるテーマを見つける
  2. 誰にどんな価値を届けるチャンネルにするかを明確にする
  3. 需要があるテーマに対して差別化する要素を加える

順に具体的に説明していきますね!

① 需要があるテーマを見つける

これがYouTubeを始めるにあたって、一番重要と言っても過言ではありません!!!

「YouTubeを始めよう!」と思った時に、まず「どんな動画を作ればいいのかわからない」と悩むと思います。

そこで「自分がなんとなく面白いと思えるものをやってみよう」だとか、「なんとなく自分の趣味から発信できるものはないか」など自分の範疇、自分だったら何ができるか、自分の中で何ができるかを考えてしまいませんか?

しかし、これが一番の失敗の原因なのです!

自分主体ではなく、「YouTube上で需要のあるものはなんだろう?」という思考が本当に大事です。

ただこれはYouTubeに限らず、ビジネス全般にも同じことが言えます!

ビジネスができる人は「自分に何ができるか」ではなくて「社会で今何が求められているか」をすごく考えることができています。社会で求められていることを理解して、その中で自分が価値提供できるものをぶつけていくという順番がとても大事。

 

結局は、世の中で何が求められているか?何が必要とされているか?

 

需要があるテーマをまず見つけた方がいい理由

需要があるテーマには競合が既に多くいると思います。
競合との戦いを避けて需要がないテーマに逃げると絶対に再生回数は回りません。

需要があるテーマで戦った方がいい理由は、YouTubeの動画が表示されるアルゴリズムにあります。

YouTubeというプラットフォームは、例えば1本動画を見ると、それと似た動画がおすすめ表示される仕組みになっています。YouTubeには似たような動画がとてもありますが、逆に言うと、自分が発信したものと似た動画を見た視聴者がいれば、その人に自分の動画がおすすめ表示される可能性が高いのです。

例えば、これは中学校や高校で行う合唱コンクールと同じです(笑)

合唱コンクールは課題曲が同じで、各クラス全く同じ曲を歌います。プラスでオリジナル曲も歌いますが、その中で金賞銀賞銅賞が決まります。

YouTubeは、この学生時代にやる合唱コンクールと同じです。

需要があるテーマ(課題曲)に対して自分たちが良いと思うものを作っていって、その中で評価を得たものがたくさん再生数(票)が稼げる、という仕組みになっています。

そのため、皆さんには何となく自分が発信したいなと思うテーマやジャンルがあると思います。しかしその中で課題曲分析をする、というのがファーストステップになります!需要があるテーマ(課題曲)をまず見てもらうことができなければ興味すら持ってもらえません。

重要があるテーマの見つけ方

例えば美容ジャンルなら、ダイエット、化粧品、肌、整形など人気のある動画はたくさんありますよね。

美容を発信していきたいと思ったら、まず美容に該当するチャンネルをできる限り書き出します。

そしてその競合のチャンネルの中で「再生数が多い動画」をエクセルに書き出します。

「再生数が多い動画」というのは、登録者が仮に10万人いたとすると、普通再生数のノルマは10万再生のはず。しかし実際のところチャンネルを見ると10万人登録のチャンネルでも1万の再生回数しかないものもあれば、100万再生されているものもあります。

ここで注目すべきなのは、チャンネル登録者数よりも大幅に再生されている動画!

登録者数が10万人の場合、20万、30万など登録者の数倍以上の再生回数がある動画は、YouTubeのAIがチャンネル未登録者以外の人にもおすすめしてくれているからここまで伸びているということなのです!

つまり、YouTubeが「この動画は需要があるからどんどんプッシュしよう!」と世の中におすすめしてくれている状態。

逆に「これあんまり需要ないからさチャンネル登録者数にだけとどめておこう」というように認識されてしまうと伸びることはありません。

 

大事なのは、需要があるかないか

 

重要があるものを見つけるには、競合のチャンネルを見に行って、どんな動画の再生回数が極めて高いのかを全部書き出せばわかります。

再生回数が多い動画がわかれば、そのテーマがそのまま「課題曲」になるのです。
そこで次に、需要があるテーマ(課題曲)に対して、自分がどんな発信ができるかを考えていきます。

「美容でシワが減る」という課題曲なのであれば、美容液を使うのか、マッサージなのか、シワを減らすという課題に対して、たくさんの解決策がありますよね。自分がそこに対してオリジナリティをどう出していけるかがYouTubeでの戦い方の基本になります!

<需要があるテーマの見つけ方まとめ>
① 競合ジャンルを書き出す
② その中で「再生数が多い動画」を書き出す
競合のchで最大1年前以内の動画でチャンネル登録者の数倍の再生回数があるものを洗い出し。なんとなく関連性があることに気づいてくるので、それが「需要があるテーマ」になります。
③ 視聴者心理を深く理解する
再生数が突き抜けて高い動画は、なぜ再生数が高いのか、視聴者はなぜ見たいのか、何が見たかったのか、理由を分析して「視聴者はこういうことが見たいんだな」とわかれば勝ち筋が見えたも同然です!

 

② 誰にどんな価値を届けるチャンネルにするかを明確にする

需要と言っても、年齢によって求めていることが変わるものが多いです。

例えば、美容のシワの悩みであれば、20代、40代によって求めている理想の状態や、提供できるものがことなります。

 

マーケティングのスタートは「誰にどんな未来を届けるか」

 

これを明確にするとYouTubeのAIが「誰にこの動画をおすすめしたら喜んでくれるかな?」ということで迷わなくなります。その結果、しっかり興味があるターゲット層におすすめしてくれるので再生数が伸びてきます。

AIは敵ではなく、常に私たちの味方!

AIも誰に需要があるのかがわからないと、誰に見せればいいのかわかりません。なのでキーワードをタイトルに入れたり、ターゲット層をAIにもわかりやすく整えることが大切です

 

③ 需要があるテーマに対して差別化する要素を加える

YouTubeは既にレッドオーシャン。「他の動画と何が違うの?」という差別化ポイントが求められます。ただ、ここで内容で差をつけようとする人が多いですが、内容だけが差別化ポイントではありません。

視聴者が見ているのは、意外に見た目だったりすることもあるのです。

<差別化ポイントまとめ>
・見た目(イケメンか?底辺か?普通の人はキャラクターを使うのも手)
・性別(男・女)
・権威性(肩書き)
・専門性(人は専門店に惹かれる)
・エンタメ性(面白いか)
・声しつ(聞きやすいか)
・トーク(話し方が上手いか)
・編集(わかりやすいか)
・動画の尺(30分は聞きたくないけど30秒なら聞きたい)

具体的な差別化ポイントを上記にまとめましたが、全部で差別化しなくても違う部分が一箇所でもあればOKです。例えば競合に男性が演者のチャンネルが多い場合、女性がやることに価値があります。

これまで伝えてきたように、ちゃんと需要を把握し、その需要に対してどんな価値提供ができるかという明確な目標が決まっていて、差別化も明確、となればかなり伸びやすくなりますので、上から順に詰めていきましょう!

 

④ コンセプトを設計する

例えば、アパレル女性社長のYouTubeであれば、アパレルに関した発信をしがちかと思いますが、そんな自分主体の思考では失敗してしまいます。

しっかり社会の需要を把握して、どんな価値提供ができるのかを考え、その中で自分はどんな差別化ができるのかという順番で考えなければいけません。

まず配信者の経歴・人生を理解する

配信者が自分自身の場合は、どんな紆余曲折な人生を歩んできて、どんな思いでどんなことをやっていきたいか考えてみましょう。

YouTube運用代行として、例えばアパレルのYouTubeを作成することになった場合は、アパレル女性社長の経歴や、どのように生きてきたかを理解します。そこでその人の強みや魅力のどこを切り取ったら社会的に需要があるかを考えます。

次に市場リサーチをする

何が伸びていたかをリサーチして、例えば市場でちょうどキャバクラ女性社長の動画がバズっていたとします。

そしたら、このバズっている人たちが伸びる理由を考えます。

キャバクラはいつでも働ける一般的な身近な仕事。ただ誰でもできる身近で現実的な仕事なのに簡単に稼ぐことはできない。すごいきつい仕事とわかっている。自分では同じような結果を出すことはできない。そしてキャバ嬢なのに男性に媚びることなく自分の好きなように生きて仕事して、お金もあって、楽しそうに生きている姿に憧れを抱いている。

なぜキャバクラ女性社長をフォローするのか、人の心理を考えた時に、意外に女性のフォロワーが多い、同性から憧れられているということが見えてきます。

伸びている動画・競合の中で、求められている要素は何か?女性社長で見られている動画は?逆に男性社長だと?と考えていきます。

最後にコンセプトとなるテーマを考える

市場リサーチで出てきたバズりの要素=「憧れる要素」(身近な仕事から成功を収めていること)を「アパレル女性社長」に落とし込んでいくと、

「アパレルの販売員から始まって、女性社長になるという身近だけれども普通ではできないことをしている」

という身近なことで超人的な結果を出しているストーリーになり、憧れが生まれると推定することができます。

 

【注意】立ち上げ時に絶対NGなこと

知り合いに登録をお願いするのはNG

YouTubeのAIはどんな人に刺さるか考えておすすめしてくれています。「この層に見せたら喜ばれる!」ということをAIがわかればどんどんターゲット層にプッシュしてくれます。

少しでも登録者を増やそうと知り合いに登録してもらうと、逆にAIが混乱してしまうのです。

「全然違う属性の人が登録してしまうと誰にお勧めすればいいのかわからない」と迷子になってしまうので、知り合いに登録してもらって少しでも登録者を伸ばそうとするのは逆効果です!

知り合いの登録者が増えると、アカウントが伸び辛くなる

Twitter・FB・インスタでリンクを拡散しない

もともとフォロワーが多くて、属性・視聴者層も固まっているのであれば、AIが混乱しないのでOKです。ただ、FBなどは属性がバラバラなので、先ほど言った理由でAIが混乱してしまいます。

自分が価値を届けたいと思っているターゲットの属性に合わせるために、初期は余計なことをしないのが初心者必見のポイントです!

 

2種類のコンテンツを作っていこう!

参考にするチャンネルの動画リサーチをして、需要があるテーマ(課題曲)を理解することができたら、実際にコンテンツに落とし込んでいきます。

「アクセスを取るためのコンテンツ」「ファン化させるためのコンテンツ」は異なっているので、しっかりとコンテンツの目的を意識してそれぞれ作っていくことが大事です。

① アクセスをとるためのコンテンツ

アクセスを取ろうと思うと、課題曲(みんながよく見ているテーマ)を取り上げることが求められます。

例えばドッキリの動画が流行っていて、様々なチャンネルで同じような構成の動画が出ています。しかし、ただこれではアカウントのファン化をさせることまではできません。

課題曲に沿ったコンテンツばかり挙げていても、再生数は伸びても登録者数は伸びてきません。次の「ファン化させるためのコンテンツ」との比率をバランスよく上げていくことが必要です。

アクセスをとるためのコンテンツはショート動画向き!

② ファン化させるためのコンテンツ

ファン化させるコンテンツとは、自分のことをよく知ってもらうコンテンツ、自分のストーリーを理解してもらうコンテンツ。これは課題曲(需要のあるテーマ)ではありません。

例えば、自分の人生を語るスピーチ動画など。
どんな人生を歩んできた女性なのかがわかると一気に好きになってしまいます。

これは特に手法があるわけではなく、基本的にはその人のことをどれだけ深く知ってもらうか。より深く知ると、その人のことを好きになってしまうという人間心理があるからです。

ショート動画でファン化させるのは難しいので、ロングがお勧め

コンテンツの順番としては、しっかりとその人のストーリーを伝えるファン化させるコンテンツを5本くらい作ってから、アクセスを集めるコンテンツを作ることがお勧めです。

最初はファン化させるコンテンツだけなので、全く再生回数が回らないと思いますが、ただその上でアクセスを集めるコンテンツをバズらせて、ファン化動画まで見てもらうことができれば、配信者のストーリーが伝わり、強い共感を価値と売ることができるます。

「濃いファンを最初にしっかり作れているか」が、その後の伸びに関係してくるのです!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、YouTube配信を始める際に最初に考えたい、テーマ・コンセプト・コンテンツの決め方についてお伝えしました!

失敗しないためにも、自分主体ではなく、しっかりと世の中のニーズ・需要を確認するところから始めましょう!

YouTubeショートについてはこちらも合わせてご覧ください!

【YouTubeショート】集客・売上向上に成功している企業アカウントの秘訣
【YouTubeショート】集客・売上向上に成功している企業アカウントの秘訣「YouTubeショートを駆使して企業の売上を上げたい!でもどうすれば…」 今回は、なかなか視聴率が落ちがちな企業アカウントの中でも、しっかりと再生回数を獲得して売上や集客にまでつなげていると考えられる秘訣をお伝えします!...
カテゴリー