ブログ&文章術

【GDTの法則】人の欲望を言語化して、共感の嵐を巻き起こすコツ

こんにちは!トクログです!

本日もご覧いただきありがとうございます!

人のモチベーションや購買意欲をある程度コントロールすることができる文章が作れるようになる「QUESTフォーミュラー」について前回お伝えしましたが、

今回はより一層魅力度を引き上げて、人が買いたくなるような、行動したくなるような文章を作るための、とっておきの秘訣をご説明します!

【QUESTフォーミュラー】怪しい壺も買いたくなる禁断のライティングうまく商品を購入させる文章が書けない…そんなマーケ初心者の悩みを解消する、とっておきのセールスライティングの「型」が存在します! 消費者心理の流れに沿ったセールスコピーを簡単に書くことができる、この「QUESTフォーミュラー」。初心者でもこの「型」に従って文章を組み立てていくことで、人のモチベーションや購買意欲をある程度コントロールすることができる文章が作れるようになります!...

「人が何に欲望や欲求を感じるのか」を理解できれば、人の購買意欲を掻き立てることが抜群に上手くなります!

トクちゃん
トクちゃん
人は何に欲求を感じるんだろう…?

人は何に欲求を感じるか、それは人それぞれ異なると思っていませんか?

実は、人の欲望は全て簡単に分類することができます!

これを知っているか知らないか、文章にうまく盛り込めるか盛り込めないかで、文章の魅力度合いがかなり変わってしまいます。

・魅力的な文章が書けない
・文章を書いても、集客に繋がらない
・人を動かす文章を書けるようになりたい

こんな悩みを抱えている人に絶対読んで欲しいです!

「GDTの法則」つまりは、人がどんなことに欲望を抱かずにはいられないのかを理解すれば、より相手の欲求に刺さる言葉で、その人の興味を惹きつけることができます!

GDTの法則とは?

GDTの法則」とは、「人が叶えたい欲求」を次の3つのレベルで表わしたものです

欲求のレベルは、Goal】目標<【Desire】欲望< 【Teaser】本性、の順に強くなります。これら3種類9つの欲求を揺さぶる文章を書けば、読者の「感情」を刺激して、より高い反応を得ていくことができます。

それでは一つずつ具体的にどんなものなのかお伝えしていきますね!

 

Goal(目標)|人が永遠に追い求めてしまう「3つの目標」

人は誰しも、時間やお金をかけずになるべく楽をして物事を達成したいと考えます。

・Save Time:時間をかけたくない
・Save Effort:努力をしたくない
・Save Money:お金を使いたくない

Goal(目標)はこの3つの欲求に分かれます。

とても心当たりがあるのではないでしょうか?笑

私は「これだけで1日分の野菜が摂れます」など書いてあると、つい買ってしまいます笑

それは、「肌を綺麗にしたり体調を整えたりするにはビタミンが必要だとわかってはいるけれど、必要なビタミンがどれかなんて考えるのが面倒だし、極力お金は使いたくない」という欲求にグサグサと刺さっているから、つい手が伸びてしまうのです。

実際にこの欲求を引き出す文章を書きたいと思った時は、QUESTフォーミュラーの「Q(興味)」の部分に盛り込んでみてくださいね。より一層興味が増す文章になります!

 

Goal訴求の例

・飲むだけで痩せるサプリ
・1日5分!聞くだけで英語が習得できる動画
・履くだけで足が細くなるストッキング

 

Desire(欲望)|人が際限なく欲しがる「3つの欲望」

トクちゃん
トクちゃん
Goal(目標)よりも強い欲求がDesire(欲望)!!

例えば、「飲むだけで痩せるサプリ」は多少効果を疑ったり、買う時に悩むことが多いです。
しかし「Desire(欲望)」が満たせるということを謳われてしまうと、かかる金額が高くても悩まずにお金を払ってしまう習性があります。

時間やお金をかけてでも、富や愛や快適さを求めるのです。

Desire(欲望)はこの3つの欲望に分かれます。

・Greed:富や名誉が欲しい、強欲を満たしたい
・Lust:愛が欲しい、性欲を満たしたい
・Comfort:快適でありたい、悩みや苦痛のない状態でいたい

昔はComfortを強く求める傾向がありましたが、今の世の中はGreedを強く求める人が多いです。なぜならば時代の流れによって、今は衣食住に困る人が減って、代わりに携帯の普及とともに承認欲求を求める人が増えたからです。

戦争を経験した世代は、「温かいものを食べて寒さを凌げる場所で暮らしたい」という、生存欲求が基本でした。しかし戦争も終わり、その子供は食べると言うことに苦労しなくなりました。そうなると、出世欲や名誉欲など限られたコミュニティの中で認められたいと思うようになり、私たちの親の世代は「いい会社に入って自分の身近な周りから認められることが素晴らしい」という価値観である人が多いです。

その世代から生まれた今の20代30代など私たちは、ネットが発達しているため身近な周りからの承認では済まず、ネットを通すことによって「全く知らない人からも賞賛されたい」と思うようになったのです。認められたい場所が広がった例として、「SNSでいいねが欲しい」と思ったり、「インスタのストーリーを更新しよう」と言う気持ちがこれです。

Instagramのストーリーズで、自分がどこに来ていて、何をしている、と言うことを何の抵抗もなく発信するのは承認欲求のためです。

確かに私も、超どうでもいいことをストーリーズしてハイライトに残していますが、そうしたいのは人間としての欲望だったのですね笑

 

Desire(欲望)の例

・インスタ映えするところに行きたい!
・ストーリーズしたい!
・イケメンor美女とご飯に行きたい!

 

Teaser(本性)|人を瞬間的に行動に駆り立てる「3つの本性」

人は、希少性の高いものや好奇心をくすぐるものに弱い性質を持っています。

トクちゃん
トクちゃん
これは、Goal(目標)やDesire(欲望)よりも強い欲求!

・Scarcity:希少性のあるものが気になる
・Curiousity:好奇心を掻き立てられるものが気になる
・Controvasy:反社会性、論争を巻き起こすような発言が気になる

Scarcity(スケアシティー)はとても心当たりがあるのではないでしょうか?

「世界に3本しかない時計」「今季限定商品」「会員制クラブ」など、希少性あるものが特別で気になるという感覚は皆に共通します。

Curiousity(キュリオシティー)の代表例は「ギャップ」です。

例えば、勉強も全くやってこなかったギャルが一念発起して猛勉強し、東大に合格するというドラマはギャップがあり、とても好奇心駆り立てられるストーリーかと思います。

そうです、昔一躍有名となった「ビリギャル」と言う実話に基づいたドラマや映画がこれです。ドラマ制作会社は、このギャルから東大と言うギャップを訴求すればお客さんが来るということを予め知っています。

Controvasy(コントロバーシー)は人は自分の常識では考えられないようなことや、論争を生むもの、思わずドキッとしてしまうような過激なものが気になる、というものです。

例えば、傷つける人がいるとわかっていながら浮気をしてしまう人、メリットが全くないとわかっていながらタバコを吸ってしまう人、勤勉であれば行きたい学校に行ける可能性が高いとわかっていながら勉強せずにゲームをしてしまう人…

これら皆さんは、このControvasy(コントロバーシー)にやられてしまったのです。

トクちゃん
トクちゃん
Teaser(本性)は、動物として生まれた以上逃れられない性。つい引き寄せられてしまうものなんだ…!

 

悪用注意!

人間であれば誰しもが大なり小なり感じてしまう「絶対叶えたい欲求」=「GDTの法則」についてお伝えしました。

これを知っていれば、文章に盛り込むことができれば、人は魅力的に思い、行動する確率がとてつもなく上がります!

ただし、悪用しないように!!!!

詐欺師はこの「GDTの法則」をとても理解しています。
これを使えば一定数購入したくなる人が絶対出てくるからです。

自分は絶対悪用しないように、自分がおすすめしたいと本気で思ったものに対して使うようにしましょう。

そしてこの人間の欲求を何度も読んで理解すれば、世の中のマーケティングにかなり使われていることがわかります。
普段の生活の中で、このGDTの法則が使われている場面に気づくことができたら、詐欺師に引っかかったり、口車に乗せられることなくしっかり本質を見て物事を判断できるようになります!

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

人の欲求「GDTの法則」についてお伝えしました。

要約

<人の欲求は3つある>
■Goal(目標)
・Save Time:時間をかけたくない
・Save Effort:努力をしたくない
・Save Money:お金を使いたくない
■Desire(欲望)
・Greed:富や名誉が欲しい、強欲を満たしたい
・Lust:愛が欲しい、性欲を満たしたい
・Comfort:快適でありたい、悩みや苦痛のない状態でいたい
■Teaser(本性)
・Scarcity:希少性のあるものが気になる
・Curiousity:好奇心を掻き立てられるものが気になる
・Controvasy:反社会性、論争を巻き起こすような発言が気になる

これを前回お伝えした「QUESTフォーミュラー」に組み込むことで、より一層魅力度を引き上げて、人が買いたくなるような、行動したくなるような文章を書くことができます!

売り込みの文章に上手に混ぜていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

カテゴリー