副業のいろは

マーケ初心者みんなが陥るミス【返報性の原理を理解してミスを防ごう!】

こんにちは!トクログです。

本日もお越しいただきありがとうございます!

マーケティングの最大の要は集客です。
人を集めることができなければ、マーケティングを習得したとは言えません。

しかし、宣伝をしても一向に人が集まらない、広告を出しても費用対効果が悪いなど、集客の仕組みを理解していないとうまく行かないことがほとんどです。

さらには、売り込みや営業をして人に敬遠されてしまうことは避けたいですよね。

トクちゃん
トクちゃん
集客ってどうすればいいの…!!!

なかなか集客がうまくいかない人のほとんどのパターンは、見返りを求めてしまっているケースが多いです。

「自分がこれだけ尽くしてあげたのだから、これくらい返して欲しい」

そんな下心を感じてしまうと人は離れてしまいます。

ほとんどの人は見返りを求めてしまい失敗していますが、見返りを求めなければ実はちゃんと返ってくるのです。

今日はそんな最強の集客術である「見返りを求めない返報性の原理」についてお話ししていきます。

マーケティング初心者が陥る致命的なミス

相手に直接見返りを求めると、人は離れていくもの

「これだけやってあげたのだから、恩を返して欲しい」
そんな下心がある人の話はあまり聞きたくないですよね。

では、なぜみんな見返りを求めてしまうのでしょうか?

それは基本人は「ギブアンドテイク」だと思っているからです。

ほとんどの人が会社に雇われることに慣れてしまい、「これだけ時間を使ったのだから、これだけエネルギーを使ったのだから、お金がもらえるのは当たり前でしょ」と考えてしまうことが多いです。

「自分の費やしたエネルギーや時間に対して、必ずお金がもらえる」

「自分が何かしてあげれば、必ず返ってくる」

このようなマインドでいる限り、何かされるたびに「恩着せがましいな〜」と感じられて、相手は離れていくのです。

トクちゃん
トクちゃん
人からウザがられる人間にはなりたくない(泣)

相手がやろうとしたことに、「こんなことやったら面白そうですよね」「こうすれば効率良くうまくいくと思いますよ」などのアイデアを、見返りなんて一切求めずに渡してあげると、純粋に「ありがとう」と思うし、お返ししたいな、と感謝の気持ちが返ってきます。

成功している人は常に寄付をしていたり、ボランティアを習慣化している人が多いのはこのためです。

「見返りを求めずに何か行動する習慣がある人」が結局成功します。

「相手が喜んでくれたら嬉しい、終了。」というマインドを持てるかどうかが人生の境目となります。

では、その見返りを求めない無償奉仕が自分に返ってくる仕組みについて詳しく見ていきましょう。

 

返報性の原理とは

返報性の原理とは、何かを受け取った時に「お返しをしなければ」と思う心理のことです。

4パターンの返報性の原理を比較し「何を受けて何を返すのか」その違いをみてみましょう。

1、好意の返報性

相手から何らかの好意や親切を受けたときなどに、そのお返しやお礼をしたくなる心理のことです。

身近な例でいうと、TwitterやInstagramなどSNSの「いいね返し」が挙げられます。
SNS上で自分の投稿に「いいね」を付けてくれたら、相手の投稿を見て同じように「いいね」を付けたくなりませんか?こんな身近なところに好意の返報性は潜んでいます。

2、敵意の返報性

気をつけたいのがこの敵意の返報性です。

街を歩いていてぶつかってこられた相手を、つい睨み返してしまうなどの行為はこの敵意の返報性です。
また、そのときに受けた敵意を相手に返すのではなく、SNSなどで拡散するという敵意の返し方もあります。
返報性の原理は、このようにネガティブにも働いてしまうので、まず周りにそういった気分を害する行為をしないよう気をつけましょう。

3、譲歩の返報性

相手が譲歩してくれたから今度は自分が譲ろう、という心理のことです。

購入を検討していた商品を値引きしてもらったことで、自分の想定していた金額よりも高い金額だったにも関わらず、購入してしまったことはありませんか?
これが譲歩の返報性の典型例です。

4、自己開示の返報性

相手が先に本心を開示することで次は自分も心を開いて接したい、と思う心理です。

初対面の人が気さくに話しかけてくれたので自分も同じように気楽に話すことができた、悩みを打ち上けられたから自分も悩みを相談した、などが当てはまります。

 

いかがだったでしょうか?

4パターンの返報性の原理を見て、実際にここで返報性の原理が働いていたのかと、思い当たる節があったかと思います。

 

最強の集客術はこれだ!

返報性の原理がわかるようになると、マーケティングもうまくなります。

トクちゃん
トクちゃん
何でこれがマーケティングに繋がるんだっけ?

マーケティングをするときに、必ず集客が必要になるからです。

例えば、日頃とてもお世話になっている人に、「来週こういうイベントあるんですけど」と言われたら嫌な気分になることもなく、行くと思いませんか?

頻繁に見ていつも元気をもらっているYoutuberさんに、
「今度オフラインイベントあるんだけど来てくれない?」と言われたらお金を払ってでも私は絶対行きます(笑)

そうなんです。集客はテクニックではないのです。

集客の一番簡単な方法は「普段お世話になっている人からの誘い」です。

「いつもこれだけのことをしてあげているんだから来いよ」と言われたらウザい(笑)と思いますが、下心なく純粋に日頃ギブしてくれる人からの誘いなら喜んで行きます。

つまりは逆に、普段からいつもギブしまくっていたら、いざ集客したいとなった時にその無償奉仕のギブが自分に返ってくるものなのです。

とにかく見返りを求めないでどんどんギブしていくことが大切です。

具体的には、InstagramなどのSNSでひたすら有益な情報を発信していくこと、などが見返りを求めない無償奉仕に該当します。

決して「お返し」を迫らないことが絶対条件です。

直接その人からギブした分が返ってこなくても、口コミなどで違う人から人から返ってくることもよくあります。

「無料でギブしていくことが損だ」と思うマインドは、今すぐ捨てましょう!

 

返報性の原理のここに注意!

1、やりすぎ注意

お互いの関係性に見合わないもの、相手が求めていない高すぎる価値のものを贈ると、逆効果です。

認知獲得のためと、初めて会う人に無料で宝石を渡されたら怖いですよね(笑)

相手に警戒されてしまい、思っていた効果が出づらくなるので、関係性に対して価値が高すぎるものは控えましょう!

2、テイカーに注意

トクちゃん
トクちゃん
ギブしても全然返ってこない…!

そんな時は、ギブする相手を間違えている場合があります。

エネルギーをタダでもらえるのが当たり前だと思っている、こじきみたいな人が結構世の中にはいます。

奪うことに慣れている人にどれだけエネルギーやお金をギブしたとしても、好意を返そうという思考に至らず、奪うことに満足しているので絶対に返ってきません。

そういう気質の人とは、付き合わないことが大事です。

普通に感謝の気持ちが湧いてくる、健全な精神の人とお付き合いできるかを見極めて、テイカー(エネルギーを吸い取るだけの人)とは極力関わらないようにしましょう!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は

・マーケティング初心者が陥りやすいミス

・見返りを求めずにギブしていくことが最強の集客術である!

ということをお話ししました。

ビジネスの目的は「価値を届けること」です。

まずは見返りを求めずに、WEBを活用して多くの価値を届けていきましょう!

集客したいという場面で、絶対「返報性の原理」が見方をしてくれます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

https://toku0.com/2023/06/12/homeostasis/

カテゴリー