動画

【家賃いくらですか】TikTok・インスタで大バズり!ショート動画がバズる要素を分析してみた!

家賃教えてください動画分析

ショート動画でバズりたい!
みんなが何度も見てくれる動画を作りたい!

そんなお悩みありませんか?

ショート動画は「最後まで見させるゲーム」だと、最近読んだこちらの『美しく「バズる」技術」に書いてありました。


美しく「バズる」技術

私が最近よく見かけるのは、「ストリートスナップ」かと思わせてルームツアーをしてもらう「街頭ルームツアー」動画

今回は、「街頭ルームツアー動画」はなぜバズっているのか、同じようなバズり動画を作るにはどうすればいいのかをまとめてみました!

トクちゃん
トクちゃん
<こんな人にオススメ>
・SNSでバズりたい!
・ショート動画でバズりたい!
・どんな構成の動画がいいのかわからない

街頭ルームツアー動画とは?

インタビュー形式で進む

通りすがりの人に「家賃いくらですか?」と声をかけるところから、この動画は始まります。

人の見た目で判断できることは限りなく少ない、ということがわかっていながらも、冒頭で「家賃は15万円です」などと答えていると、家賃15万円の家はどんな感じなのか、その人はどんな家で生活をしているのか、その人は何の仕事をしているのかを気になってしまいます。

その思考を汲み取ってくれるかのように、下記のような流れで情報を公開してくれます。
1、顔出し・家賃公開
2、ルームツアー
3、仕事の公開

顔・住んでいる家・家賃や職業を全公開

一通りのプライベートな部分を約1分の動画で見ることができるので、その自宅公開してくれた人に何かしらの感情を抱きます。

「この人面白すぎる(笑)友達になりたい!」
「え、待って、、この人って私が大好きな写真家さん!?やばい…憧れの人のプライベートな部分を知ってしまった…」
「この人の家狭いけれど、めちゃめちゃセンス良くて素敵すぎる!」

このような親近感や憧れ、羨ましい気持ちなどの感情を突き動かされる動画になっています!

【家賃いくらですか】動画代表例

TikTokで活躍されている3名をピックアップしてみました!

「街頭ルームツアー」

部屋探しとインテリアの参考になる家を動画にされています。

インタビューされている人の職業などスペックが高すぎて面白いです!笑

@city_roomtour 東京に住む女子大生の家賃が… #ルームツアー #家賃 #賃貸 ♬ cupid twin version – ⟡ TRACYTRACKS ⟡


この動画で自宅を公開している葵さんは、InstagramやTwitterでかなり有名な写真家さん。とっても青色の表現がエモすぎて元々好きだったので、思いがけず住んでいる自宅や、面白い場所にカメラを保管されていることを知れて、私はとてもテンションが爆上がりしてしまいました!笑

 

この投稿をInstagramで見る

 

葵(@aoii6327)がシェアした投稿

「すむもん|街頭ルームツアー」

すむもんさんも基本構成は同じなのですが、建築士のため、自宅を公開してくれた人に、よりおしゃれになるインテリアコーディネートをCGで提案しているところがすごいです!

@sumumon_room 美女の家をルームツアーしたら。。。 #家賃 #街頭インタビュー #ルームツアー #犬のいる生活 ♬ オリジナル楽曲 – すむもん | 街頭ルームツアー – すむもん | 街角ルームツアー

「部屋に行きたい川口」

面白い人に声をかけるのが上手いのか、面白く編集しているのかわかりませんが、比較的ギャグ選の高い動画ばかりです。

「ヤバイやつきたw」など少し毒舌チックなところも、とても正直な印象です笑

@room.go 開成、東大ストレートのエリートお兄さんのお部屋がスゴすぎた… #家賃 #街頭インタビュー #ルームツアー #roomtour #インテリア #歴史 #五等分の花嫁 #東大生 ♬ Stories 2 – Danilo Stankovic

 

なぜバズっている?!

① 開始2秒〜7秒の引き付けが強い!

ショートムービーには2つの壁があると言われています。それが2秒の壁と7秒の壁です。

視聴者は、おすすめされた動画が再生され始めてから最初の2秒で、見るかどうかを判断します。そして7秒までの間に、本当に面白そうか?を判断して、やはり見たい、と思えると、最後までじっくり動画を見ることになります。

どうですか?お心当たりはありますか?
私も興味のない動画は2秒以内にスキップしてしまっています、、、!

この最初のハードル、「2秒の壁」を突破するために必要なのが「インパクト」です。

今回取り上げている「街頭ルームツアー」では、最初の2秒で一般人の顔を公開することで、「綺麗な人だ」「かっこいい!」「おもろそうな人だw」などのインパクトを感じられる演出になっています!

そして第二のハードルは7秒!
7秒までの時間で「最後まで見ると面白いものがみれるかも!」と思わせることが大事です。

今回のこの街頭ルームツアー動画では、7秒以内にその人の住んでいる家賃を知ることができます。

トクちゃん
トクちゃん
人の家賃…!正直めっちゃキニナル笑

人は見た目で判断できるとは考えていませんが、どうしても固定概念があり、若い人が15万円の家に住んでいたら、「職業なんだろう?」と最後まで見たくなりますし、みなりがすごくおしゃれな人が8万円の家に住んでいたら、「もしかしたら家もめっちゃオシャレかもしれない私でも真似できる要素があるかもしれない」とお部屋が見たくなります。

また、ルームツアー中は、その人の家に対するこだわりポイントや、物から思い出のエピソードを聞くことができますし、冷蔵庫の中を公開している人もいます。

大人になってしまうとなかなか人の家に行くことも少なく、特定の人に限られてしまいますし、ましてや人様の冷蔵庫を勝手に開けることなどしませんよね笑

人間は他人の目を気にする習性があるため、他人のコアなプライベートは気になってしまうという修正があります。

<真似したいポイント>
日常では知り得ない「珍しいこと」を見ることができるという価値を、動画開始7秒以内で伝える!

② 大衆ウケコンテンツ

大衆ウケコンテンツとは、世の中の大半の人が必ず興味があるテーマの動画です。

例えば、恋愛、美容、仕事、格闘、エンタメ、お金などは多くの人に一定の関心があります。より多くの人が関心を持つテーマであればあるほど、幅広くお勧め拡散されても反応率つを高い水準で維持することができるので、バズることになります。

住む家や家賃の価格帯、そして仕事については誰しもが抱える悩みの種であり、それに着いて考えることが多いと思います。

<真似したいポイント>
皆が一定の関心がある大衆ウケするテーマを取り上げよう!

③ 信憑性がある

家主の顔出し
手持ちカメラ動画に臨場感が出る
・インテリアのこだわりやエピソードを深く聞いている
・友達に話しているかのような自然体な姿

まさにリアルな部屋の状況をおさめているので、たまに家主が作った手料理を食べていたり、インテリアにまつわる話をしてくれていたりと、作ってない感・ありのままの家主の姿がとても垣間見れます。

<真似したいポイント>
自分の目線で、インタビュー形式で撮影しよう!

④ コンテンツにポイントが凝縮されている

SNS毎の分数をまとめてみました!(2023年8月現在)

SNS名 ショート動画の長さ
Instagram リール:~90秒
YouTube ショート動画:~60秒
TikTok 15秒~10分

10分は長い、でも1分で重要なポイントだけ教えてくれるなら聞いておきたい、という人はかなり多いです!

どのSNSにも流用できる長さが1分ですので1分にまとめて動画を作ることがおすすめです!そうすれば1本の動画を作るコストで3つのSNSを運用できます。

「凝縮」すれば、面白くなる。
参考:美しく「バズる」技術

この街頭ルームツアー動画も、人の外観、家賃、仕事、家のインテリア、清潔感、こだわりポイント、思い出エピソード、大切にしているものなどが詰まった動画で、その人の人となりが1分である程度わかる動画になっています!

<真似したいポイント>
個性や人となりが伝わる情報を、1分に凝縮する!

⑤ 2周目も見てしまうコンテンツ構成

この動画の特徴は、一番最後にその家の持ち主の職業が公表されるということ。

最後に何者かがわかると、もう一度見たくなります。

私が大好きな写真家の葵さん、その人の部屋だと知らずに動画を見ていましたが、動画の途中でインテリアには青色をポイントにしていると話していたこと、最後に職業が写真家と言っていることから、お顔は見たことがなかったのですが、「あの写真家の葵さんか…!」とピンと来てその後何度も動画を見返してしまいました笑

自分が知らない人の場合でも、最後に職業を打ち明けた直後に動画が終わっているので、職業まで聞きたいと思って動画を流しているとどうしても最初からもう一度動画が始まってしまいます。

<真似したいポイント>
視聴者が知りたい情報は最後の動画が終わる直前にもってくる

構成・比較

「街頭ルームツアー」

75秒 街頭ルームツアー
家賃公開 〜4秒
自宅公開 10秒〜
ツッコミ① 12秒
ツッコミ② 20〜25秒
ツッコミ③ 35秒
ツッコミ④ 45秒
ツッコミ⑤ 53秒
職業公開 60〜

最初の導入が早く、自宅公開までが10秒以内とサクサク始まる構成になっています。

また、10秒に1回ツッコミポイントがあるのが飽きさせない要因かなと思いました!

「すむもん|街頭ルームツアー」

75秒 すむもん
家賃公開 〜4秒
自宅公開 13秒〜
ツッコミ① 20秒
ツッコミ② 30秒
ツッコミ③ 35秒
ツッコミ④ 40秒
悩みポイント 〜50秒
インテリア提案 55秒〜
職業公開 74秒〜

すむもんさんは、導入部分で毎回自分が建築士であるというくだりと、よりおしゃれになるインテリアコーディネートを紹介します、という説明が入っているので、家にお邪魔するまでが多少長く感じます。

しかし、初めて見る人でもどういう企画なのかがわかるメリットと、「この動画、あの建築士の人か!」という個性を認知させることができるというメリットがあると思いました!

あと職業公開の文字が、最初出会った瞬間の動画にかぶっていたので、これは最後まで見ていると意図せず2周目も見てしまう動画と思いました。

「部屋に行きたい川口」

75秒 部屋に行きたい川口
家賃公開 〜9秒
ツッコミ① 22秒
自宅公開 23秒〜
ツッコミ② 25秒
ツッコミ③ 35秒
ツッコミ④ 40秒
ツッコミ⑤ 50秒
ツッコミ⑥ 63秒
職業公開 72秒〜

他の方よりも個性派の人の自宅公開が多く、そのせいかかなりツッコミ量が多めです(笑)

5秒〜10秒に1回ツッコミポイントがあり、その度に同じ効果音が鳴り、画面も白黒になるのでとてもテンポ良く感じます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「街頭ルームツアー」動画を詳しく分析してみました!

<「街頭ルームツアー」構成まとめ>

・2秒以内に顔出し
・7秒以内に家賃公開
・5〜10秒に1回ツッコミを入れる
・最後の5秒以内で職業紹介
・職業紹介の文面を、最初声をかけるタイミングの動画に被せて2周目も再生させる

どの動画でも構成は似ているため、これらのポイントを真似するだけで同じようなバズり動画が作れること間違いなしです!

一緒に頑張っていきましょうー!

カテゴリー