ブログ&文章術

サイトの検索順位を確認する方法【Googleサーチコンソールとは?】初心者が見るべき5項目を解説!

ブログ記事を書いても、「自分のブログがちゃんと反映されているかわからない、どうやって記事にたどり着いてくれたのかがわからない、そもそも検索結果画面に出てこない」そんなお悩みはありませんか?

ワードプレスで記事を書いて公開して、狙ったキーワードで検索しても、なかなか検索結果画面に表示されないので、ちゃんとWeb上に反映されているのか不安ですよね。

今回は、サイトの検索順位を確認するツールについて、そしてサイトの問題点を探るためのたった5つの確認すべき項目についてお伝えします。

こんな人におすすめ!

・自分の記事がGoogleに認知されているのかわからない
・皆がどんな検索をして自分の記事にたどり着いてくれているのか知りたい
・ブログ記事の何を改善していけばいいのかわからない

これを読めば、自分が書いた記事が検索結果で何位に表示されているかが分かります。
そして自分の書いた記事の問題点が分かるので、どこを改善すれば検索順位が上がるのか、まで明確になります!

ただ記事を量産するだけでなく、サイトの検索順位を確認して、エラーを修正しながら記事を書いていくことで、より多くのターゲットに見られるサイトに育てていきましょう!

サイトを検索順位を確認する方法

サイトの検索順位を確認するには、Googleサーチコンソール(Google Search Console)というWebツールがオススメです!

これを使えば、Google検索キーワードの表示回数・順位の推移だけではなく、サイトの致命的なエラーも検知することができます!

安心のGoogleが開発したツール。そして無料!!!!

これを使わない手がないです!!!笑

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供しているインターネット検索の無料分析ツールです。こちらの機能でできることは数多くありますが、主に4つに分類できます。

サーチコンソールでできること

<Google検索での表示の確認>
・検索での順位や表示回数、クリック数、クリック率など確認できる
・インデックス状況が確認できる

<リンク状況の確認>
・被リンクの数やページURL、被リンク元サイトが確認できる
・内部リンクの数やページURLが確認できる

<サイトの情報提供>
・インデックス登録のリクエストやインデックス削除の申請ができる
・URLの変更をクロールに伝えることができる

<サイトの問題点の把握>
・表示速度の遅いURLが把握できる
・エラーやペナルティの有無がわかる

※インデックスとは、検索エンジン(クローラー)のデータベースにWebページの情報が登録されることです。インデックス登録されることで、Googleにサイトが認識され、検索上位に表示されるスタートラインに立つことができます!

多くの機能がありますが、初心者がまず使うべき機能は5つだけ!

まずは、たった5つだけ確認できるようにしましょう!

 

サーチコンソール【初心者が見るべき5つの項目】

1. 検索順位・流入キーワードを確認する

サーチコンソール>「検索パフォーマンス」をクリック

「検索パフォーマンス」では、登録したWEBページの流入キーワードに関するデータを確認できます。デフォルトの画面では登録したサイト全体のクリック数や表示回数、クエリ(ユーザーが検索したワード)などが表示されます。

用語 意味
合計クリック数 Googleの検索結果上でサイトがクリックされた回数
合計表示回数 Googleの検索結果上でサイトが表示された回数
平均CTR 検索結果に表示されたうちクリックされた割合(クリック率)
平均掲載順位 Google検索結果でのサイトの平均順位

 

平均CTRは平均5%を目安にしましょう。
5%以下だと平均よりクリックされていないため、改善が必要です…!
タイトルやメタディスクリプションの文章をよりキャッチーなものに変更してみることがオススメですよ!

ブログ全体で確認できたら、一つの記事ページ単位でも、検索順位はどのくらいか、自分が狙った検索ワードで実際に流入してくれているのかを確認しましょう!

「新規」「次のURLを含む」選択・「ドメイン以降のURL」入力>適用

「クエリ」を見て、狙い通りのキーワードから流入を獲得できているか確認しましょう!

また、検索順位とクリック率の高低に差がある場合は、何らかの問題がある証拠なので、次のように改善すると検索順位も上がりやすくなりますよ!

①掲載順位が高いが、クリック率が低い場合

「掲載順位が高い=検索エンジンからの評価は高い」にも関わらず、クリック率が低いということはユーザーからは思ったよりクリックされていないということになります。この場合は、クリックしたくなる気持ちが弱い、ということを意味しますので、タイトルやメタディスクリプションを修正してみましょう!競合サイトのページタイトルも見ながら、ユーザーにとって「クリックしたい!」と思ってもらえるキャッチーなタイトル・説明文に改善していくことがオススメです。

②掲載順位は低いがクリック率が高い/表示回数が多い場合

「掲載順位が低くてもクリック率が高い」「掲載順位が低くても表示回数が多い」場合は、読み手のページ滞在時間が短い可能性が高いです。複数のページを行ったり来たりして情報収集していたり、クリックしても悩みが解決しなかったために他の記事に移ってしまったと考えられます。、競合サイトも比較し、よりユーザーの悩みを解決するような有益な情報を追加して内容をより深掘りするといった改善がオススメです。

2. 問題のあるページを見つける

Google検索結果に自分が書いたブログ記事が表示されるには、①検索エンジン(クローラー)がサイトを訪れ、②サイトがGoogleデータベースに登録(インデックス)されることで初めて表示されます。

ブログ記事を書いてもページに問題があると、検索エンジンに存在を認識されず検索結果にいつまでも表示されません

ここで役に立つのがサーチコンソールの「インデックス」機能
検索エンジンから見て問題のあるページを一目で確認することができます。

「インデックス作成」>「ページ」

「ページがインデックスに登録されなかった理由」に着目して、原因を確認しましょう。

その他のエラーメッセージはGoogle公式ページを参照してみてくださいね。

3. サイトの表示スピードを確認する

表示速度の遅いブログ記事は、ユーザーの満足度を下げ、結果として検索エンジンからも評価が下がってしまう可能性があります。

ブログ記事・サイトの表示スピードが問題ないか確認する方法がこちらです!

「エクスペリエンス」>「ウェブに関する主な指標」

searchconsole-8

サイトの表示速度について「良好」「改善が必要」「不良」の3つにランク付けされるので、「不良」の者は特に、記事の中の画像を軽くするなど、ページを軽くして表示速度を速くすることを試みましょう!

また、初心者の人(サイトデータが集まっていない人)はこのような画面が表示されると思います。

正確なトラフィックが反映されてくるまで、こちらのツールを使ってページの重さ・表示速度を確認しましょう!PageSpeed Insightsも無料のツールですのでご安心ください!

4. WEBサイトの存在をクローラーに伝える

新しくブログ記事を作成した場合、検索エンジンに記事の存在を認識してもらえるまでに数ヶ月ほどの時間がかかる場合があります。

せっかくブログ記事を書いても、検索結果になかなか表示すらされないと悲しいですよね。

そこで利用したいのが「サイトマップ」機能。自社サイトのサイトマップURLを入力・送信することで、検索エンジンが積極的に記事の存在を確認しにきてくれるようになります。

<方法・手順>
まずWordPressにプラグイン「XML Sitemap Generator for Google」をインストール・有効化します。

ワードプレス>設定>「XML Sitemap」

「検索エンジンはまだ通知されていません」の後のURL「https://ドメイン/〇〇」この〇〇の部分をコピーします。

サーチコンソール>「インデックス作成」>「サイトマップ」

先ほどコピーしたものを、サーチコンソールのサイトマップ追加画面URLに貼り付け、「送信」を押します。「ステータス」が「成功しました」になっていたら、検索エンジンへの呼び込みは完了です。

最初は検索エンジンがきてくれる頻度も少ないですので、記事を書いて公開する度にこちらの作業を行ってアピールすることがオススメです!

早く検索画面に記事が表示されるようになりますよ!

5. どんなサイトからリンクされているかを確認する

「リンク」ページでどのようなサイトからリンクされているかがわかります。

内部リンクを設置しているにも関わらず、明らかに少ない数しか出ない時は、URLが正しいか、インデックス登録されているかを確認しましょう!

また、ブログが成長してきて、他サイトからのリンクを獲得することができたら「外部リンク」のところに表示されます。「自分のサイトが他者からどのように認識されているのか」を知れて、サイトやサービスなどの改善につなげることができます。

 

サーチコンソールの導入方法はたった7ステップ!

【STEP1】
Googleアカウントにログイン(Googleアカウントを持っていない人は新規作成)

【STEP2】
サーチコンソール」にアクセス →「今すぐ開始画像:サーチコンソールにWordPressを設定する方法1

【STEP3】
右側の「URLプレフィックス」にサイトトップのURLを入力 →「続行」
(同じドメインのサイトが複数あり一括で登録したい場合は左の「ドメイン」から登録しますが、初心者は一つのサイトしか持っていないと思いますので右側の「URLプレフィックス」から登録しましょう!)

画像:サーチコンソールにWordPressを設定する方法2

【STEP4】
所有権の確認>HTMLタグ

画像:サーチコンソールにWordPressを設定する方法5

【STEP5】
HTMLタグ>
「メタタグ」をコピー
※ワードプレスにこの「メタタグ」を
コピペをした後、またサーチコンソールに戻ってくるので、この画面は開いたままにしておきます。

画像:サーチコンソールにWordPressを設定する方法6

【STEP6】
ワードプレス>「HTMLタグ設定」>【head内】という項目の空欄部分に先ほどコピーしたタグを貼り付ける。
※有料テーマをダウンロードしている人は「HTMLタグ設定」があるかと思いますが、「HTMLタグ設定」がない方は、All in One SEOというプラグインを用いて連携してくださいね。

【STEP7】
サーチコンソールに戻って「確認」をクリック

「所有権を自動確認しました」と表示されたら、WordPressブログとサーチコンソールの連携は完了です!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、サイトの検索順位を確認するツール「Googleサーチコンソール」について、そしてサイトの問題点を探るためのたった5つの確認すべき項目についてお伝えしました。

サーチコンソールで5つ確認しよう!

1. 検索順位・流入キーワードを確認する
サーチコンソール>「検索パフォーマンス」

2. 問題のあるページを見つける
サーチコンソール>「インデックス作成」>「ページ」

3. サイトの表示スピードを確認する
サーチコンソール>「エクスペリエンス」>「ウェブに関する主な指標」

4. WEBサイトの存在をクローラーに伝える
[STEP1] WordPressプラグイン「XML Sitemap Generator for Google」インストール・有効化>設定>「XML Sitemap」「https://ドメイン/〇〇」:〇〇をコピー
[STEP2] サーチコンソール>「インデックス作成」>「サイトマップ」にペースト

5. どんなサイトからリンクされているかを確認する
サーチコンソール>「リンク」

ブログ記事が検索上位に表示されるために、一番駆使したいツールが「Googleサーチコンソール」です!

ぜひ実際に登録して、上記の5つの項目を確認してみてくださいね!

私もまだまだ上位表示されていないので、一緒に上位表示目指して頑張っていきましょうー!!!

Googleアナリティクスとサーチコンソールの違いは?【初心者必見の使い分け】「アナリティクスとサーチコンソールの違いがいまいちよくわからない…」 「どっちを導入すればいいの?本当に2つとも導入する必要がある?」 「どのようにこれらを使い分ければいいの?」 アナリティクスとサーチコンソールの違い、それぞれの機能・使い分けについてお伝えします。...
カテゴリー