ブログ&文章術

【SEO基礎編】SEOとは?クローラーとは?検索で上位表示される仕組みをわかりやすく解説

「ブログを書いてもなかなか閲覧数が増えない」
「反響がない」
「Google検索の上位に出てこない」

こんなお悩みありませんか?

そんなときは、「SEO対策」を行ったほうがいいとうっすら聞いたことがあっても、
「SEO対策って?実際何をすればいいかわからない…」
途方に暮れて、後回しにしてしまっている方も多いと思います。

今回はSEOとは何なのか、サイトの検索結果順位はどう決まるのかをお伝えします!

こんな人にオススメ

・ブログを始めたばかり
・SEO対策とは何かよくわからない
・自分の書いた記事を検索上位に表示させたい

SEO(検索エンジン最適化)とは?

SEO(Search Engine Optimization)=「検索エンジン最適化」

サイトの内容を検索エンジン(Google)が理解しやすいように最適化すること

SEO対策によって検索エンジン(Googleなど)に正しく評価されるようになれば、検索結果に認識されたり、検索結果の上位などの目立つ場所に表示されます。

検索結果画面で上位表示されれば、露出が増えてユーザーにクリックされやすくなります。
その結果、サイトへの流入・アクセス数が増え、申込や購買などのコンバージョンも増えて売上向上が期待できます!

 

SEOで検索順位が決まる仕組み

クロール・クローラーとは?

・クロール:クローラーがサイトを認知/検出すること
・クローラー:サイトを巡回して、検索順位を決めるための情報を収集するロボット

クローラーとは、検索エンジンが検索結果を表示するためにWebサイトの情報を収集する自動巡回プログラム(ロボット)のことです。

クローラーがインターネット上に公開されてる新しいサイトや更新されたサイトのURLを認知・検出

検出したサイトのテキストや画像、動画といったコンテンツ内容を分析

インデックス登録(データベース登録)

このような流れでクローラーは検索の順位に関与しています。

インデックスとは?

インデックス:クローラーがサイト情報をデータベース化すること

クローラーは、収集した情報を解析し、解析した情報をGoogleインデックス(大規模なデータベース)に保存します。
この過程を、インデックス(インデックス登録)と言います。

サイトの情報(テキストや画像、動画、ページの言語、ページの使いやすさ、検索クエリ、ページの関連性や有用性、ソースの専門性、ユーザーの位置情報や設定など)が収集され、データベース化されています。

検索結果の表示はこう決まる!

Googleは、インデックス登録されてる膨大なWebページと検索アルゴリズムを照合して評価し、検索キーワードに応じて最も関連性の高い有用なサイトが検索結果に表示されるよう、ランク付けしていきます。

ここで、検索結果の順位が決まります!

Google検索をすると、その検索キーワードに関連した、インデックスで一致するサイトの中で、検索者の悩みを解決できるとされる良質なコンテンツと判断されたサイトが表示されます。

 

SEO対策の「基本のき」はこの2つ!

SEO対策で最も重要なことを2つ、お伝えしておきたいと思います。

Googleの気持ちになる!

Google の使命は、世界の情報を整理して誰もが便利に利用できるようにすること。そのため、検索では幅広い情報を多彩なソースから簡単に見つけられるようにすることに力を注いでいます。

検索上位に表示されたいならば、まずはそのプラットフォームであるGoogle先生の気持ちになってみましょう!笑

Googleの使命はわかりやすく言い換えると「ユーザーが検索して必要な情報が簡単に出てくること」と同義です。

そのため、「ユーザーの悩みを解決できるサイト」であればあるほどGoogleに好まれ、検索上位に表示されやすくなるのです。

ブログ記事を書くときは、これを読む人のどんな悩みを解決したいのか、これを読むことでどんな未来が手に入れられるのかを、一記事毎に決めてからそれに沿って書くようにしましょう!

 

EEATを心がける!

E-E-A-TE-A-T)とは、良質なサイトと評価する基準をGoogleが独自に定めた基準。「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trust(信頼)」からなる4つの評価基準の頭文字をとった言葉。

経験や専門性や権威性、信頼性をしっかりと提示しているサイトやコンテンツが、良質なサイトと評価されやすいとされています。

エビデンスを明記したり、著者の情報を詳しく記載しておくことも、Googleに好まれる要素になります。

何よりも、「経験」に基づいた一次情報である、オリジナルコンテンツが重視される傾向にあります。

他の記事やサイトには記載のない独自性のある情報を発信することが大切です!

 

SEO対策の種類は主に4つ!

大きく分けるとSEO対策は、主に4種類に分類されます。

SEO対策

1、内部対策
2、外部対策
3、コンテンツSEO
4、ページエクスペリエンス最適化

内部対策

「内部対策」とは、サイト・記事内部におけるHTMLコード(ソース)を最適化すること

WebページはHTMLという言語で構築されていますが、その構成を最適化することが所謂「内部対策」で、Googleのクローラーがサイト内を道に迷うことなく巡回しやすくしたり、サイトの内容を正確に伝えたりするための施策のことを指します。

「内部対策」を正しく行わないと、どんなに上手くサイト設計を行っても、また、どんなに充実したコンテンツを用意しても、それをGoogleが正しく認識できないことになってしまい、結果的に上位表示が望めなくなってしまいます。

内部対策<例>
・タイトルを設定する
・メタディスクリプションなどのメタタグを設定する
・キーワードを設定する
・Googleサーチコンソールでサイトマップを送信する(Googleにクロールをリクエスト)
・内部リンクを適切に置く
・URLを最適化する
・SEO対策以外の記事(キーワード流入が見込まれない記事)はあえてnoindex設定をして検索に表示されないようにする(成績が悪い記事を除外することでサイト全体の成績が上がる)

外部対策

「外部対策」とは、SEO対策の一つで、有料な外部リンクを獲得するための施策のこと

例えば、GoogleがWebページの有用性を判断する基準の一つとして、他サイトにリンクが掲載されているか(被リンク)があります。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。
※引用元:Google について|Google が掲げる 10 の事実 – About Google

このように、良質なサイトに自分のサイトリンクを掲載してもらうことができれば、より上位表示されやすいので、被リンク獲得を目指してSNSや広告、PRなどを通じて、宣伝していきます。

しかし、海外のサイトからの怪しいスパムリンクが貼られることがあります。良質ではないサイトからの被リンクは良い影響にはなりませんので、増えてきたら適宜リンク否認設定をして、できるだけ寄せ付けないようにしましょう。

コンテンツSEO

「コンテンツSEO」とは、ユーザーの検索意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信し、自然流入から集客の増加を目指す施策のこと

例えば、Googleは、需要との一致(Needs Met)やE-E-A-Tを検索品質評価ガイドラインで定義してます。

13.0 ニーズメットスケールを使用した評価
NeedsMet評価タスクでは、モバイルユーザーのニーズに焦点を当て、モバイルユーザーにとって結果がどれほど役立つか満足できるかを考えるように求められます。
※引用元:General Guidelines

EEATについては先ほどもサラッと触れましたが、良質なウェブサイトを評価する基準をGoogleが独自に定めたもので、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trust(信頼)」からなる4つの評価基準の頭文字をとった言葉です。

まずユーザーのニーズや悩みに合ったコンテンツであること、そしてEEATが担保されたコンテンツであることが重要視されると考えられています。

モバイル検索ユーザーのニーズ(検索意図)やEEATに即したコンテンツを作るように意識することが「コンテンツSEO」対策です!

ページエクスペリエンス最適化

「ページエクスペリエンス」とは、ユーザーにとってWebページの利便性が高いか否かを測る指標のことです

Webページの利便性が高いかどうかというのは、スマホで表示されるときに見にくくないか、サイトを表示する時にデータが重すぎて時間がかかったりしないか、などを指します。

具体的には、画像サイズを軽くしてページスピードを改善することや、スマホ表示対応可能にすることなどが、「ページエクスペリエンス最適化」になります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はSEOとは何なのか、サイトの検索結果順位はどう決まるのかをお伝えしました。

この記事のまとめ

<SEO対策の基本のき!>
1.  まずは、Googleの気持ちになる!
2.  次に「EEAT」を意識する!
「Experience(経験)」
「Expertise(専門性)」
「Authoritativeness(権威性)」
「Trust(信頼)」

<SEO対策の種類は主に4つ>
1.  内部対策
2.  外部対策
3.  コンテンツSEO
4.  ページエクスペリエンス最適化

次回は実際にどうSEO対策を行えばいいのか、【実践編】をお伝えしていきます!
簡単にできる初心者がまず行うべきSEO対策を5つに絞ってみましたので、ぜひそちらも合わせてご覧ください。

SEOの本を一冊読みたい!そんなあなたはこちらをまず読破することをオススメします。
これを一回読むだけで、都度ググって調べるよりも手っ取り早く基礎知識を入れることができます!

私が色々読んだ中で、一番これが難しくなく、わかりやすかったです(笑)

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございます!

カテゴリー