副業のいろは

【Google最新SGEとは?】生成AI検索をスマホから1分で使う方法|Bardとの違いも解説

何やらすごいAI検索機能がGoogleから発表されました!

その名も「SGE」

私たちが普通に行っている、「ググる」という体験が一体この「SGE」でどう変わるのかお伝えしていきます!

実際に検索してみた画面や、簡単に使用してみる方法も記載していますので最後までご覧くださいね!

トクちゃん
トクちゃん
<こんな人におすすめ>
・AI検索機能「SGE」について知らない人
・AIの最新機能に興味がある人
・Googleの新サービスを使ってみたい人

SGE(Google最新生成AI検索機能)とは?

SGEとは、Search Generative Experienceの略で、Google検索結果を生成する新しいAI機能のこと!

Googleの検索結果の一番上部に、AIによって生成された回答が自動で表示されます。

つまり、キーワードで検索するのではなく、対話形式で検索することができる新しい技術です。

今までのキーワード検索:「猫 撫で方 効果的」
これからの対話式検索:「猫が喜ぶ撫で方」

今年の5月10日にGoogle発表会(Google I/O 2023)でシステムの存在自体は発表されていましたが、2023年8月30日、日本でも試験利用が可能になりました!

テスト公開されていたアメリカに次いで、世界で二カ国目の導入になります。

SGEが注目されている理由

より自然で直感的な検索へ

これがSGEのコンセプトになります。

今まで私たちは、自分で探したいことを見つけるために、あるキーワードをGoogle検索して、表示された記事の中から答えを見つけていく作業が必要でした。

しかし、それでは的外れな記事が出てきたり、自分の知りたい情報に辿り着くまでに時間がかかったり、読むのに時間がかかったりと非効率で手間がかかっていました。

Google検索しても、検索で表示されたサイトのタイトルを見て、

「これじゃないんだよな…キーワード入れ直してもう一度検索するか…」

と思ったことはありませんか?

それを解決するために開発されたのが、今回日本で試験利用が可能となったSGEです!

どんな時に使うの?

普通の今まで私たちが行ってきた「Google検索」ではなく、「SGE」の方が活躍する場面は一体どんなときでしょうか?

  • よりピンポイントに情報を得たいとき
  • 検索して表示された記事を読んで、自分の知りたい情報を探す手間が惜しいとき
  • Google検索で、検索窓に入力すべき適切なキーワードがよくわからないとき
  • 正解が一つではないものを検索したい時

こんな時に、文章で質問できるので便利なのです。

何が表示されるの?

検索して何が表示されるかというと、主に2つ「回答」と「回答の根拠となる情報源」がリストで表示されます。

他にも、「追加で聞く」を押して関連することを追加で聞くこともできますし、次こんな質問されるかな?と考えられることのリストが表示されるので、気になった文章があればタップすることで新しい情報が表示されます。

Google Bardとの違い

Google Bard

「Bard」とは、GoogleのChatGPTツールのことです。

BardもSGEもどちらもGoogleが開発したAIツールですが、BardはAIチャットボットであるのに対して、SGEは検索エンジンであるということが主な違いです。

SGE Bard
何なのか 検索エンジン チャットボット
できること 情報を検索できる 人と会話ができる

SGEの使い方

① Googleアカウントにログイン

② Google Search Labsに登録する

https://labs.google.com/search/

ここからGoogle Search Labsに登録しましょう。

するとこのような画面になりますので、「Googleアプリを開きます。」をクリック。

③ SGEを有効にする

④ 文章を入れてググってみる!

※2回目以降は「Googleアプリ」を開くと左上にフラスコマークがあるので、そこをクリックするとSGEを用いた検索ができます。

実際に検索してみた!

「猫が喜ぶ撫で方」をSGE検索してみました(笑)

結果はこちら!!!!

とてもピンポイントに、どのように撫でればいいのかを説明してくれています。

そして解説文の下には、その文章の根拠となるサイトリンクがいくつか。

そしてその下に追加で知りたくなるような潜在欲求を刺激されるような項目が出てきます。
「追加で聞く」
「猫が喜んでいる時のサインは?」
「猫が一番喜ぶことは何ですか?」
「猫はお腹を撫でられると喜ぶ?」

このボタンをクリックするだけで、より深くサクサクと悩みを解決することができるというわけです!

注意点

SGEはまだ試験運用

今回の試験利用はユーザーからのフィードバックを取得することが目的なので、あくまでもバグが生じたり回答の質にばらつきが生じる可能性があります。

情報量が少なかったり、信頼度が低い回答が出てくる、表示されない場合がある、ということを念頭に置いてお使いくださいね!

検索キーワードはGoogleに監視されている

試験利用なのでGoogleはこの機能でユーザーが何を検索して、その結果何が表示されているかをチェックして精度を高めていきたい、という目的があります。

そのため、検索で入力した言葉は全てGoogleが監視している、Googleに保存されていると思ってください!

間違っても個人情報や機密情報などを入力してしまわないよう注意です!

最後に

2023年8月30日に日本で試験利用が始まったGoogleの新しいAI検索ツール「SGE」についてお伝えしました!

今の「ググる」という体験が、AI技術の向上によって、より簡単で便利な検索体験になる未来がすぐ目の前にきています!

SGE検索が当たり前になる日も近いかもしれませんね。

ぜひ試しに実際に使用してみましょう!

AIなどの進歩に置いていかれることなく、時代の波に乗って、それらを使いこなす側の人間でいることが、いつまでも成長をし続けるコツです!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

カテゴリー