デキる薬剤師

薬剤師には将来性がない!? 給料アップ・有利な転職のためにできること【求められる薬剤師になるために】

薬剤師の皆さんこんにちは!

突然ですが、あなたはこれからどんなキャリアを目指していますか?

産休を機に一回仕事を辞める?
給料アップのために病院から薬局に転職する?
人間関係の安定そうな薬局に移る?

職場に不満はあるけれど、そこまでやりたいことも目指したいものもなく、モヤモヤしている人も多いと思います。

今、もはや高待遇で求められるのは、新卒薬剤師もしくは、認定を持っている薬剤師くらいになってしまいました。

やりたいことがないと言っている間に、待遇の良い環境に転職することができず、不満を抱えたまま今の職場で一生働き続けることになってしまうかもしれません

こんな人にオススメ

・将来のキャリアアップが思い描けない
・今後薬剤師をどんなモチベーションで続ければいいか不安
年収の推移が気になる

最低限のお金を稼ぐために、今の生活をずっと続けていきますか?
それとも今の状態から少しだけ挑戦して、求められる薬剤師になりたいですか?

トクちゃん
トクちゃん
私は、人生を諦めない挑戦するあなたの味方です笑!

本日は、薬剤師には将来性がないと言われる理由から、実際の薬剤師年収の推移、そして求められる薬剤師になるには何をすれば良いかをお伝えしていきます!

薬剤師には将来性がないと言われる理由

1.薬剤師が増えているから

薬剤師の資格を持つ人数、薬局や医療機関で働く薬剤師の人数は、男女共に右肩上がりに増え続けています。

施設の種別にみた薬局・医療施設に従事する薬剤師数の年次推移<施設の種別にみた薬局・医療施設に従事する薬剤師数の年次推移> 厚労省-令和2(2020)年医師・歯科医師・薬剤師統計の概況より

 

厚生労働省によると、2020年時点での薬剤師数は321,982人。人口10万人当たりの平均薬剤師数は255.2人となっており、世界的にも薬剤師数では3位以内に入るほどの高い水準です。
人口1000人当たりの薬剤師の推移も世界の推移に比べて圧倒的に伸び続けています。

人口 1,000 人当たり薬剤師数の推移<人口 1,000 人当たり薬剤師数の推移>-OECD Health Statistics 2019より

また、全国的に新しい薬科大学が設立され、薬学部に進学することは大して困難ではなくなりました。

これらの流れから、今までの「薬剤師であればラクに就職できる」状況は、年々変わりつつあります(汗)

 

2.処方箋枚数が減ると予測されるから

薬剤師には将来性がないと言われる理由の2つ目は、「処方箋枚数が減ると予測されるから」です。厚生労働省では、令和27年までの処方箋枚数推移予測は、次のグラフのように想定されています。

処方箋枚数の推移(全国総数)<処方箋枚数の推移(全国総数)>-厚労省-薬剤師の需給統計より

 

もちろん処方箋枚数の増減傾向は地域差も大きく関与します。

しかし基本的にはグラフのような推移と想定されており、当初は院外処方箋の発行の伸びや高齢化の進展により処方箋枚数は増加しますが、 今からおよそ10年後をピークにその後は人口減少の影響を受けて減少していくとされています

3.AIや機械の進化で代替される業務があるから

「ロボット調剤」と言う言葉を聞いたことはありますか?

処方データを入力するだけで、コンピュータが薬品を選択し、秤量をおこない、配分、分割、分包まで、ロボットが人に代わってすべてをおこなう、人の手を介さない調剤業務のことを指します。

ロボット調剤を導入することで、ヒューマンエラーの防止や、コミュニケーションの増加というメリットが大きいため、引き続き薬局のDX化(デジタルトランスフォーメーション化)は加速していくと考えられています。

 

皆さんの薬局や病院では、ロボット調剤は導入されていますか?

ちなみに、私が最近驚いたのは(株)ユヤマの散薬自動分包機「SR-Zero」です!

1枚円盤分包機ですが、6個のカセットにそれぞれ予め散薬を入れておくと、処方に合わせて「秤量」から「分包」まで全て自動で行ってくれる優れものです。

人の手で秤量をすることがないので、基本的にヒューマンエラーとなり得る薬の充填ミスを気をつければ良いことになります。

そしてカメラ録画機能がついていますし、秤量のレシートも都度発行されるので、監査が簡単。大掛かりで高価な散薬分包機よりも構造がシンプルなので、エラー時の対処も苦ではありません。お値段も通常の2枚円盤分包機と同じくらいの価格なのが驚きでした!!!!

おっと…!つい熱がこもり過ぎてしまいました…。
散薬自動分包機への感動をお伝えするのはこの辺にしておこうと思います(笑)

この他にも水剤自動分包機など様々な自動ロボットが出てきており、薬剤師は調剤しなくてもいい、監査・服薬指導だけに集中すればいい時代が近づいています。

薬剤師が行うべき業務が、ロボットや画期的なシステムによって減ることで、医療現場で必要とされる人数が減る可能性に繋がります

つまり【供給 > 需要】が続く

①薬剤師が増えているから
②処方箋枚数が減ると予測されるから
③AIや機械の進化で代替される業務があるから

これら3つの理由により、薬剤師には将来性がないと言われているのです。

そしてそれを根拠付けるこちらのグラフも紹介します。
下のグラフは厚生労働省による2043年までの薬剤師の供給人数と需要人数をグラフにしたものです。

 

薬剤師の需給予測<薬剤師の需給予測>-厚労省

 

薬剤師の総数としては、今後数年間は需要と供給が均衡している状況が続くことになりますが、長期的に見ると供給が需要を上回ることが見込まれているのです。

 

薬剤師の時給・求人状況

常勤の平均年収・非常勤の平均時給

民間給与実態統計調査結果の概要|民間給与実態統計調査|厚生労働省 より

薬剤師の平均年収【男女別 / 常勤】

男性(万円) 女性(万円)
令和3年 630.3 545.3

薬剤師の平均年収【推移 / 常勤】

月給(万円) 賞与(万円) 年収(万円)
平成29年 38.8 77.9 543.8
平成30年 38.0 87.7 543.6
令和元年 39.9 83.3 561.7
令和2年 39.4 92.1 565.1
令和3年 40.4 96.2 580.5

男女によって収入面の差はありますが、薬剤師の平均年収はありがたいことに、現状は年々上がり続けています。これらのデータから、常勤の薬剤師(主に薬局薬剤師)として働き続けるのであれば、他職種よりも比較的高い収入を得ることができると言えます。

しかしこの先も上がり続ける保証はどこにもありません。
【供給 > 需要】の状況は高まると予想されているため、平均年収の推移として今がピークである可能性もあるのです。

また、特に女性は子育てをしながら非常勤として働くことも視野に入れている人も多いかと思います。そこでパート薬剤師の時給も紹介しておきます。

パート薬剤師の平均時給

時給相場は地域や職種によってかなり差がありますが、全国のパート薬剤師の平均時給は2,200~2,300円程度と言われています。

どうでしょうか。印象として安いでしょうか。高いと感じるでしょうか?

子育てなどのため時短で1日5時間勤務としても、1日1万円程度
週に3日働いたとして、1ヶ月の収入は1万円/日×3日×4週=12万円
週に5日働いたとして、1ヶ月の収入は1万円/日×5日×4週=20万円

非常勤で働くなら、私は時給2,200~2,300円は心許ないなと感じてしまいます。。。

 

有効求人倍率は減少傾向

「有効求人倍率」とは、「求職者1人につき、何件の求人があるか」を算出したものです。
厚生労働省がハローワークのデータを集計し、毎月発表している景気動向指数の1つです。

令和5年5月の一般職有効求人倍率は1.10倍

それに比べて「医師,歯科医師,獣医師,薬剤師」の有効求人倍率は1.98倍のため、他の職種の2倍程度の求人があることにはなります。しかしこの統計は、医師と同じ分類に括られているため、薬剤師だけではもっと低いと想定されます。

また、推移を見てみると、2012年で7.85倍、2017年は5.45倍のため、この10年で大きく下がり続けていることが分かります。

トクちゃん
トクちゃん
5年前は薬剤師の資格があれば誰でも就職できた気がする。しかしそんな時代は終わろうとしているんだね…! 

僻地や病院などではまだまだ薬剤師は不足していますので、当分有効求人倍率が1を下回ることはないと考えられます。

しかし、スキルが普通以下の人、都心での転職を望む人は、なかなか希望の条件で転職することが難しくなってきているのです。

 

私は薬剤師以外のスキルアップにも1日の時間を使いたかったので、2年前に病院からオンライン薬局を運営する企業に転職しました。

今まで朝9時から夜の21時くらいまで病院で働いていた毎日は、フルフレックス制のため自由に時間を決めて出勤でき、打ち合わせの合間に病院にも行ける毎日へ変わりました。

病院で働いていた時はサービス残業していましたが、しっかりと残業代も引け目なく申請できる状況に変わりました。

何より、薬剤師以外の仕事(PBブランド医薬品の企画・新規サービスの立ち上げ)に携わることができ、また副業する時間もとることができ、毎日好きなことに没頭できるので楽しいです!

私が転職時に職探しに活用したものは、転職サイト・Wontedly・直接企業サイトに連絡する、この3つです!

特に転職サイトに登録していると、エージェントが自分に合いそうな会社を紹介してくれます。

転職はご縁。

素敵な職場と出会うにはタイミングやご縁が8割と思っています。
そのため、転職してもいいかなと思った時から、エージェントは2社以上登録しておいて情報を集め始めることをオススメします!

私は高待遇の派遣薬剤師でたまに働くこともいいかなと思っていたので、こちらの「ファルマスタッフ」を登録していました!

こちらは本当にエージェントさんの対応が良く、求人票だけでは分からない職場状況も詳しく教えてもらえました!何より自分で探すだけでは出てこない非公開の求人とも繋げてくれますし、こんなに候補があるの!?と思うレベルで、次から次へと求人をご紹介してくれました!

薬剤師の転職&派遣ならファルマスタッフ


そして薬剤師転職サイトの中で最多の8万件以上の求人を抱える「ジョブデポ薬剤師」も実際に登録しました。公開している求人は3000件程度と少ないですが、非公開の優良求人がとても多いので、早めに登録しておいて、担当エージェントと仲良くなって自分に優良求人を紹介してもらえるようにアピールすることがオススメです!

結構面白い求人を紹介してくれます!!!

あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ薬剤師】

エージェントさんも自分のことをちゃんと考えてくれる方かわからないので、転職サイトは2つ以上いくつも登録しておくことをオススメします!

 

求められる薬剤師になるために

常勤・非常勤問わず、自分の望む条件で働き続けるには、「希少性を磨くこと」が大事です!

一般的な薬の知識や薬剤師の経歴しかない人よりも、他の薬剤師にはないスキルや強みがある人の方が、圧倒的に重宝されます。

ここから希少性を磨くためにできること3つをご紹介します。

希少性を磨くためにできること

専門性を身につける
・AIやシステムを使いこなし、時代の最先端をいく
薬剤師以外のスキルを身につける

1.専門性を身につける

認定薬剤師や専門薬剤師は何かお持ちでしょうか?

認定薬剤師の資格を取得した後、専門の研修の業績が評価されると専門薬剤師と認定されます。

【認定薬剤師(例)】
・がん薬物療法認定薬剤師
・糖尿病薬物療法認定薬剤師
・スポーツファーマシスト
【専門薬剤師(例)】
・栄養サポート(NST)専門薬剤師
・感染制御専門薬剤師

認定/専門の資格を持つ大きなメリットは、「薬学の専門家としてステップアップできる」という点です。肩書きがあることで手っ取り早く知識の幅を示すことができ、医師からの信頼も早く獲得することができます。

しかし、興味のある分野が特にない人は困ってしまいますよね。
もしくは、ジェネラリストの薬剤師を目指している人もいるかと思います。

その場合は、次の2もしくは3を参考にされてくださいね。

2.AIやシステムを使いこなし、時代の最先端をいく

国の方針としては、オンライン服薬指導のリモート要件が確立されたり、電子処方箋導入などが活発化しています。

しかし、現場レベルでは、オンライン服薬指導を実践できているところや電子処方箋を扱っている医療機関は数少ないです。

日本保険薬局協会の2023年3月の定例会見では、オンライン服薬指導のシステムを導入している薬局は81.0%と高い比率となりましたが、実施実績があるのは13.1%の薬局にとどまっていると発表されました。

補助金がもらえるため導入をする医療機関は多いですが、実際に使うまでのハードルはなかなか高いものがありますよね。

また、厚生労働省「電子処方箋サービス推進室」が2023年2月27日に発表した「電子処方箋の導入状況等について」では、電子処方箋を発行したことがある病院は6病院のみとされています。

こんな状況下で、一早く「医療のオンライン化」の理想と現実のギャップを埋めることができるような「仕組み化」ができる人材になれば、これからの医療業界において重宝されること間違い無いです。

3.薬剤師以外のスキルを身につける

ここで私が強くオススメしたいのが、ライティングスキルを身につけることです。

薬剤師は文章を書く仕事をしたことがない人がほとんどですが、ライティングスキルを身につけ、医療情報を正しく伝えることができるようになれば、一番身近な職種で言うと、例えばメディカルライターとして活躍するという人生の選択肢が増えます。

トクちゃん
トクちゃん
ライティングスキルという希少価値があれば、薬局本社でのPR担当としても重宝される可能性があるよ!

そしてライティングスキルの中でも、コピーライティングやセールスライティングを身につけることができれば、全く他の仕事にチャレンジすることもできます!

例えば、私はサウナが好きなのですが、オリジナルサウナグッズを作ってEサイトで販売したりポップアップで販売したりと、薬剤師とは全く異なる副業にも挑戦しています(笑)

薬剤師はずっと薬局で働く。
「一つの会社で一つの仕事をやり続ける時代」は、少し前までは当然の流れでした。

しかし今は、複数の仕事を分散して行うパラレルワークをする人の割合も多くなりつつあります。

私は薬剤師以外の副業も始めたことで、視野が広くなりました。
また、異なる分野の収入源を持つことで、収入面で時代の流れの影響を受けにくくなり、リスク分散にも効果的です!

そして何より、自分の好きな仕事にチャレンジすることができるので、受け身ではなく能動的に自分で自分の人生を動かしているワクワクや刺激を実感しています!!!

 

まとめ

今回は、薬剤師には将来性がないと言われる理由から、実際の薬剤師年収の推移、そして求められる薬剤師になるには何をすれば良いかをお伝えしました。

まとめ

■薬剤師の需要はどんどん減っていく
■求められる薬剤師になるためには、「希少性」を磨こう!
1.専門性を身につける
2.AIやシステムを使い時代の最先端をいく
3.薬剤師以外のスキルを身につける
ライティングスキル習得がオススメ!

私は、人生を諦めず、挑戦するあなたの味方です!!!!!

イティングスキルを一番早く習得するには、ブログを書くことが最短の方法です。

知識ゼロの初心者でも簡単に本格的なブログを立ち上げることができる方法を、こちらの記事にまとめていますので、ぜひこれを見ながらトライしてみてください!

初心者必見!【ブログ開設方法】知識ゼロでも楽勝マニュアル(スクショあり)ブログをはじめる際の最大のハードルは、最初のブログの立ち上げだと思います。 用語の意味や理由よりも、手っ取り早く何をすればブログが作れるのか知りたい! そんな人に絶対読んでほしい、この通りに行えばすぐにブログが立ち上げられる、完全実践マニュアルとなっています。...

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

カテゴリー