副業のいろは

話題のThreads(スレッズ)って何?始め方・Twittterとの比較

こんにちは!トクログです!

本日は、2023年7月6日にリリースされたInstagramのテキストベース会話アプリ“Threads”(スレッズ)について解説していきます!

Instagram版Twitterとして注目を集めている本サービスの概要や登録方法、使い方などがすぐにわかります!

インスタ版Twitter!? Threadsって何?

FacebookやInstagramを手がけるMeta(メタ)社が提供するSNS。

「テキストでつながる新しいアプリ」をコンセプトに開発されました。

アプリの使い勝手は今のところほぼTwitterと同じです。 登録者はローンチ2時間で200万人を超えている模様です。

TwitterとThreadsの違い

機能比較 Threads Twitter
投稿の文字数 最大500文字まで 無料だと140文字まで
ハッシュタグ 使えない 使える
キーワード検索 できない(ユーザー検索は◯) できる
ブックマーク機能 ない ある
投稿の編集 できない 有料プランで可能
WEB/App Appのみ WebもAppも
複数アカウント 切り替えるにはログアウトが必要 同時にログインできる
画像枚数 最大10枚 最大4枚
投稿時の画像加工 できない できる

Twitterと比べてめちゃめちゃシンプルな機能しかないことがわかると思います。

ではなぜ今、こんな最低限の仕様でリリースしたか?

それは最近世の中がTwitterに不満を溜めているからです!

具体的には、

・1日で見れるツイート数にインプレッション制限があること
・サブスク課金者のツイートをとても優遇していること

主にこの2点が不満の原因となって、Twitterに文句があるけれど他に変わるものがないから仕方なく使っている…

そんなユーザーの心の訴えを聞いて、リリースは今だ!と踏み切った可能性が高いです。

Twitterに代わる大人気アプリとして、利用のボリュームが続くのか、楽しみですね!

 

Threadsの始め方

1、まずInstagramにログイン

Threadsの登録にはInstagramアカウントが必要です。持っていない方は作成してInstagramアプリにログインしておきましょう。

2、Threadsのアプリをダウンロード

App StoreもしくはGoogle PlayのThreadsのアプリをダウンロードして使用します。

iPhoneの方は、こちらからダウンロードしてくださいね。

現状、PCブラウザから投稿の閲覧は可能ですが、実際に投稿などはできません。

プロフィール情報やアカウントの繋がりはInstagramから取得できます。

※既存のInstagramアカウントとは関係なくThreadsを始めたい場合は、Threads用にInstagramのアカウントを取得する必要があります。

 

Threadsの使い方

今のところTwitterとほぼほぼ同じインターフェースです。 投稿には、いいね再投稿(RT)、引用(引用RT)などのアクションが可能。 Twitterに慣れた人なら、迷わず使い始められるでしょう。

特徴的なのはInstagramとの連携。シェアボタンから直接Instagramのフィードやストーリーに投稿を追加することができます。

ちなみにその下の「ツイート」タップすれば、Twitterアプリが開き、Threadsの投稿内容とURLを、Twitterに投稿することもできます!

Meta社の自社サービス(Instagram)とTwitterの連携機能と並べているところから、Twitterを強く意識してThareadsを開発したことが伝わってきますね笑。

また、Meta公式HPにはこのように記載があります。

今後、オープンで相互運用可能なソーシャルネットワークがインターネットの未来を形作ると考えており、Threadsも近いうちに互換性を持つようになる予定です

独立したさまざまなSNSがつながるプラットフォームとして、今後拡大していくと予想されます!!

 

注意したいこと

ThreadsはInstagramとは別のサービスですが、双方のアカウントは密接に紐づいています。Threadsを使うにはInstagramのアカウントが必須で、一部のプライバシー設定はInstagramと共用です。

Threadsアカウントを完全に削除したくなった場合、Instagramアカウントも同時に削除される

ThreadsとInstagramは表裏一体のサービスで、切り離して使い分けることは想定されていないようです。

Threadsアカウントを使わなくなった時も、Instagramを使いたいのであればそのまま放置しておく必要があるようです。ここのあたりはもう少し自由度を持たせて欲しいものです。

また、Instagramは鍵アカウントだけれど、Threadsはオープンな場合や、それぞれで友達の層が違う場合など、SNSアプリをどう使い分けて何を発信していくかが少し困りますね…

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は話題沸騰中のThreadsについて基本情報をまとめてみました!

ぜひWebマーケティングを勉強するためにも、流行に乗って、最先端のSNSにどんどん触れてみることをオススメします!

こちらの記事は2023年7月6日現在の情報をまとめているものになります。
今後どんどんアプリ自体が更新やパワーアップしていくことと思います!

 

カテゴリー