副業のいろは

ビジネスを成功させる秘訣【営業しなくても売れていく2つの法則】

みなさん、こんにちは!
トクちゃんです。

ブログにお越しいただきありがとうございます!

本日より、大事なマインドや知識をインプットしていきましょう。

記念すべき第1回目は、

ビジネスを成功させる秘訣【営業しなくても売れていく2つの法則】

今から副業を始めてみたい方、既に副業をされている方、みなさんに必ず役に立つ内容ですので、最後までぜひご覧ください!

なぜ薬剤師の私がWEBの世界に足を踏み入れたのか、
私のプロフィールも合わせて読んでみてくださいね!

 

ビジネスを成功させる人が、みんな必ずやっていること

これを聞いて、皆さんは何を連想しましたか?

プレゼンの練習? 投資の勉強?

答えはWEBマーケティングの習得です。

マーケティングとは、「商品設計」から「販売・リピート」までのトータルプロセスのことを指します。

「商品設計」から「販売・リピート」まで!?

それは、すなわちビジネスではないか…!!!

そう、その通りです(笑)

マーケティングを勉強すること=ビジネスを勉強すること

マーケティングに強いことが、ビジネスの強さに直結するのです!

ビジネス? 自分は起業するつもりはないし関係ないかも…
そう思った方もいると思います。

しかし、副業はしてみたいなと思いませんか?
寧ろ既に、副業に挑戦している人も今の時代多いですよね。

副業をして収入源を増やして将来のお金の不安を減らしたい、医療従事者以外の仕事で成果を出したい、そう思っている方も多いと思います。

副業も立派なビジネスです。

そして、そのビジネスの80〜90%はマーケティングなのです。

今は結局何をするにしても、WEBが密接に関係してくる時代。

どうしたらWEBで集客し、ファンをつけて売り上げを作っていけるかが基本の悩みになります。

そんな時、今この時代では、確実にWEBを使った方が早く結果が出ます!

仕事や副業、お金をもらうプロセスを成功させたい全ての人は、
まずWEBマーケティングを習得することが、一番の近道です!

 

営業しなくても売れる!?

商品を売るために「営業」という仕事があり、電気会社やウォーターサーバーなどの営業を皆さん受けたことがあると思います。

しかし、営業活動という「押し売り」は極力やりたくないし、されたくもないですよね。

押し売りをなくすにはどうしたらいいかというと、

お客さんの方から

「これ買いたいんですけど…!」

と言ってもらうようにすること。

相手から懇願されれば、商品を紹介するだけ。売ることも容易いですよね!

「こんな良い物があるんです、購入してみませんか?」と営業するのではなく、相手から「これ買いたいですけど」と言ってもらえる、この循環を作り出すことができれば、営業活動をする手間も省けるし、営業活動されてテンションが下がることもありません。

売る側も買う側もみんなが幸せになることができます!

かの有名な、マーケティングの神様ドラッカーさんはこのように言っています。

マーケティングの究極のゴールは営業活動をゼロにすること

それは最高じゃ〜!
営業活動がゼロになるなんて、なんて素敵な世界なのでしょう。

営業なしに商品が売れるようになれば、この上なく嬉しいですよね!

営業活動をしなくても「これ買いたいんですけど」と相手から言ってもらうような理想の状態を作ることこそが、マーケティングで成し遂げたいことです。

そこで、営業せずに商品が売れるとっておきの秘密パターンを2つご紹介します!

【必見】営業せずに売れる2つの法則

営業せずに商品が売れるのはこの2パターンです。まず一つ目は…

① 既に欲しいと思っている人に商品を届ける!

営業をしなくても、もともと欲しがっている人に、欲しいと思っている商品を見せれば勝手に売れていきます。

これがつまりは、Webマーケティングの基礎中の基礎となります。

「WEBを使えば何でも簡単に売れるのでは」と思っている人も、いるかもしれません。
しかし、最初から欲しい人を見つけているから、簡単なように見えているだけです。

私たちが一番最初にやるべきことは、
「もともと欲しがっている人を見つけて、その人に対して売る」ことです。

では、”もともと欲しがっている人”とは誰のことでしょうか?

それは、Googleなどで検索をしている人のことです。

買いたい物があったとき、まずGoogleやInstagramで検索しませんか?

どんな種類があるのか、どれが一番良いのか、どこで売っているのか、いくらくらいの値段なのかなど、その商品についての詳細が知りたい時にまず検索すると思います。

逆に、検索している人は、すでにその商品に対して興味があって欲しいと思っている。

そして、検索している時が、欲しいというレベルがとっても高まっている時です。

なので、その欲しいレベルが高まっている時に、求めている物を見つけさせてあげることで、簡単に購買に繋がります。

② 「興味はあるけど…」程度の人に、欲しくなるように教育を施してから商品を届ける!

興味はあるけれど、今すぐ買うほどでもないな…。そんな人が欲しくなるように教育をして、欲しい!というレベルが高まってきてから商品を届ければ、自然と購入されます。

興味がある人を集めることは、先程の①と同じですが、②の場合はそこで更に、購入したくなる動機を植え付けていく作業が必要となります。

 

ー今あなたが欲しいと思うものは何ですか?

私は、新しい洋服、イエベリップ、季節にあった素材のシーツ、観葉植物などが今欲しいと思っています。

しかし気になってはいるけれど、結局まだ買うには至っていません。

欲しいと思ったけれどお気に入り登録してそのまま…

もしくはスクショをしてそのまま購入せず、放置されているものがたくさんあります。

なぜでしょうか?

欲しいと思ったけれど行動にしなかった理由が、次で明らかになります…!

 

人は〇〇と〇〇がないと購入に踏み切れない!?

人は、必要性と緊急性がないと購入しません。

必要な理由があるから興味があるし、欲しいと感じます。
しかしそれだけではブレーキがかかり、実際に購入には至らないことがほとんどです。

そこで、そのブレーキを取っ払うのが、「緊急性」という要素です!

例えば、歯が痛くて虫歯かも…と思った時、すぐに時間をつくって歯医者に連絡すると思います。

それは「歯が痛いので直してほしい」という「必要性」の要素と、

「すぐに治療しないとどんどん痛くなって悪化するかもしれない」という「緊急性」の要素が合わさっているため、実際に歯医者に行こうと行動します。

人を行動する気にさせるには、必要性と緊急性を認識させることが必要!

営業マンの方で真面目に仕事をしてはいるけれど、なかなか契約に結びつかずに困っている方はいらっしゃいますか?

この商品がにはどんなメリットがあるか、どんな時に使えるかなどを一生懸命説明していませんか?

いくら説明上手でも、売り上げに繋げることができない人は、「緊急性」を伝えられていないからかもしれません。

「必要性」の話ももちろん必要ですが、今買う必要がある、今加入する必要がある、この「緊急性」がプラスされれば相手のブレーキを取っ払うことができるはずです。

自分が最近興味はあったけれど買わなかったもの、それらを思い出してみてください。
きっと「緊急性」が足りなかったのかも、と思い当たることがあるかもしれません。

人がなかなか行動に移せない理由

くま, 捕食者, 動物園, 毛皮, 動物, 哺乳類, 茶色, 毛皮のような

人はなぜ必要性を理解しているのに、それだけでは購入しないのでしょうか?

なぜ購入に「緊急性」という要素が必要なのでしょうか?

それは「ホメオスタシス」のせいです。

ホメオスタシスとは…?
聞いたことある気がするけれど、それが何なのかを説明することができる人は少ないと思います。

ホメオスタシスとは恒常性のこと。

持ってない状態から持ってる状態になる時に、持ってない状態に戻りたがる性質のことです。

ホメオスタシス = 恒常性 = 「現状維持でいいや」という本能

現状でもそれなりに生きていられるので、その安定した状態を保とうとします。

人間は同じ状態を保とうとする結果、変化を本能的に避けようする動物なのです。

頑張れなくても、続けられなくても、あなたのせいではないんです。

必要性をすごく理解しているのに行動できないのは、ホメオスタシスが働いているから。

ホメオスタシスがあるから、人は新しい行動をするときに躊躇してしまいます。

 

例えば、ダイエットのためにジムで契約をしても、そんなに頻繁に通えなかったり、何ヶ月も行かずにお金を払うだけの状態になってしまっているのは、ホメオスタシスのせいです。

明らかに筋トレをすれば、もっと綺麗になって自信がつくとわかっているのに、なかなか人はモチベーションを保って継続することができません。

しかし、ホメオスタシスでなかなか行動できない状態から、変わる方法があります…!

それは「緊急性」を認識することです!

なかなかジムに行かなくなってしまっても、気になる人がくる同窓会や飲み会の予定ができた途端、やる気になってジムに行くようになりますよね?(笑)

「気になる人に綺麗と思われたい!2週間後に気になる人と会うからそれまでにこのムチムチボディを何とかしなくては…!!!」

こんな緊急性が、ジムに行く面倒にやられていた足を軽くするのです。

同じように、人に「緊急性」を認識させることができたときに、営業する手間はなくなります。上司から詰められることもなくなるし、追客の連絡しなくて済みます。

最後に

今回は

・マーケティングで実現したい理想の世界
・営業せずに売れる2つのパターン
・「緊急性」の必要性

についてお話ししました。

“営業せずに売れる2つの法則”を知っていると、
マーケティングだけではなく、自分の購買心理が腑に落ちるようになりました。

そして現状維持を望むホメオスタシスに負けたくない時は、「緊急性」を意識づけることが必要です。

私もこの1年が、結婚・出産・育児を直前にして、自分の成長のために時間を使えるラストチャンスと考え、今学ぶしかない、今頑張るしかないと「緊急性」を繰り返し自分に言い聞かせています。

頑張れない、続かないのはあなたのせいではありません。

人間の本能なのでしょうがないことです。

しかし、どうしても頑張りたいことがある時は、自分に「緊急性」を再認識させながらやるしかありません!

チャレンジし続ける状態が通常になれば、チャレンジし続けることにホメオスタシスが働き、挑戦できていない時期が耐えられなくなっていきます。

ぜひ、そんなチャレンジし続けることを自分の当たり前にして、成長し続けましょう!

私は年間約60万円かけてWEBマーケティングを習得し、自分にできることを増やして、薬剤師以外のキャリアも充実させます。

日本一のWebマーケティングのプロから学び、完全習得までの全プロセスをここに記していきます!皆さんは、私が約60万円払って得た知識を、無料で得ることができます。

自分の人生このままでいいの…?
そう思っている方は、ぜひ私と一緒に行動してほしいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

カテゴリー