ブログ&文章術

個人ブログにもプライバシーポリシーは必要?一瞬で作れる【テンプレート】公開!

「プライバシーポリシー」という言葉を耳にしますが、実際何が書いてあるのか、何のために必要なのかわからなくないでしょうか?

企業が運営するECサイトや会社サイトに掲載するもの、と認識している人も多いことかと思います。

しかし、実は多くの場合、個人ブログでもプライバシーポリシーの掲載が必要なのです!

稼ぐことや情報発信を目的として運営する以上、アクセスの解析やアフィリエイト広告の設置をすると思います。するとそれらを介して少なからずユーザーの個人情報を収集してしまいますので、プライバシーポリシーの設置が必要となります。

Googleアドセンス広告の審査要件にもなっていますので、ブログに広告を出したい人は申請前にこちらを読んでプライバシーポリシーを不備のないものにしておきましょう!

今回はプライバシーポリシーとは何のためのものなのか、具体的な使い方、コピペで使えるテンプレート、設置方法などについてお伝えします!

こんな人にオススメ!

・プライバシーポリシーの意味がよくわかっていない人
・ワードプレスの既存のテンプレをそのまま公開している人
・これからブログを伸ばしていきたい人

・これからブログのアフィリエイト収入を考えている人

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシーとは、個人情報をどのように取り扱うかを示すための文章です。

個人情報というのは、
・訪問者の個人特定につながる情報
・訪問者の位置情報
・訪問者の購買情報
などになります。

プライバシーポリシーの書き方自体は法律で定められたものではありません。

しかし、プライバシーポリシーに記載される内容については「個人情報保護法」に則っている必要があります。則っていないとプライバシーポリシーの効力を発揮しないので、一から自作することはオススメしません。

プライバシーポリシーの役割

プライバシーポリシーの役割

・サイト訪問者とのトラブルを回避するため
・サイト訪問者からの信頼性を獲得するため

ブログ上で収集してしまう個人情報をどのように取り扱うかをしっかりと事前に明示しておけば、将来的にユーザーとのトラブルリスクを回避できます

たとえば、訪問するユーザーの位置情報から最適な広告を出稿することを明示しておけば、「なぜ位置情報を収集する必要があったのか」といったクレームにも明確な答えを返すことができます。

また、プレゼント企画を実施する際、収集した住所やメールアドレスなどの個人情報はプレゼント発送以外には使わないと明示してあれば、ユーザーは安心して応募できるようになります!

プライバシーポリシーの必要性

訪問者とトラブルが発生する可能性があるのは、ECサイトや企業のWebサイトだけではありません。

ブログを伸ばしていきたい!
ブログで副収入を得たい!

そう思っている人は、アフィリエイトやWeb解析のツールをブログに入れる必要があります。

その場合、Cookieや個人情報を少なからず入手してしまう可能性がありますので、アクセスの解析やアフィリエイト広告を行う以上、訪問者が安心してあなたのWebサイトを閲覧できるようにするために、プライバシーポリシーは必要不可欠なのです!

 

プライバシーポリシーの具体的な内容

個人ブログでも掲載が必要なプライバシーポリシーですが、具体的にどのような内容を掲載すればいいのでしょうか?

「プライバシーポリシー」の文章例(雛形・テンプレ)と、一緒に掲載しておきたい「免責事項」の文章例(雛形・テンプレ)について詳しくお伝えします。

1、掲載する広告について

ブログで収益を得る方法は2種類あります。

ブログで稼ぐ方法

1、クリック型広告
 例:Googleアドセンス
2、成果報酬型広告
 例:A8.net、バリューコマース、Amazonアソシエイトなど

上記のような個人ブログで用いられる広告の多くは、Cookie(クッキー)を活用し、ユーザーが以前検索したものなど、ユーザーの興味関心に合う広告を選別して表示しています。

例えば、ユーザーがWebで「美肌コスメ」を検索し、ある化粧水の商品ページを閲覧したとします。

その場合、ユーザーが訪問したサイトの情報、訪問した日時、回数、購入した商品などが「Cookie」としてブラウザに保存されます。

Cookieに保存される情報はこのようなユーザーの行動履歴のみで、氏名や住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報は含まれません。

プライバシーポリシーでは、この行動履歴の情報が詰まったCookieをどういった目的で利用するのか、収集する理由とともに注意事項を記載する必要があります。

ブログで利用するツールによって記載が求められる内容が異なりますので、使用するツール毎に記載しなくてはいけない内容をお伝えします。

(アフィリエイトの中でも「A8ネット」や「バリューコマース」は2023年7月現在、プライバシーポリシーへの記載は特に求められていません)

Googleアドセンスを利用する場合のテンプレ

Googleアドセンスを利用してブログに広告を掲載する場合、下記の内容をプラボリに記載する必要があります。

当Webサイトでは、第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用して広告を表示しています。「Googleアドセンス」では、広告の配信にCookieを使用しており、ユーザーの行動履歴からユーザーが興味を持ちそうな商品、サービスを表示させる場合があります。また、当Webサイト内での行動履歴が、別のWebサイトでの広告配信に利用される場合もあります。Cookieは、ユーザーの名前や住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報を特定するものではありません。ただし、自身のCookieを利用されたくない場合は、「Googleの広告設定」からCookieを使用した広告配信を無効にすることも可能です。

Amazonアソシエイトを利用する場合のテンプレ

Amazonアソシエイトを利用してブログに広告を掲載する場合、下記の内容をプラボリに記載しましょう。また、下記のテンプレとは別に、Googleアドセンスのテンプレで記載してあるようなCookie取得についての記載は必須です。

参考:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

[乙の名称を挿入 ]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

2、アクセス解析ツールについて

アクセス解析ツールとして、まずは無料で使える「Googleアナリティクス」の導入がオススメになります。

Googleアナリティクスを導入することで、ユーザーの属性や訪問したページ、成果の達成率、広告効果などを見える化することができます。

これ一つで分析はとりあえず十分ですので、Googleアナリティクスを導入する場合のプライバシーポリシー記載必須事項についてお伝えします。

Googleアナリティクスrを利用する場合のテンプレ

プライバシーポリシーでは、広告掲載の時と同じく、Googleアナリティクスを利用していることCookieを使用していることを明記しなくてはなりません。

具体的には下記の内容をプラボリに記載しましょう!

当Webサイトでは、Googleが提供しているアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。「Googleアナリティクス」では、ユーザーの行動履歴の収集にCookieを使用していて訪問日より26ヶ月間保持されます。ただし、Cookieは、ユーザーの名前や住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報を特定するものではありません。もし、自身のCookieを使用されたくない場合は、ブラウザの設定でCookieを無効にすることも可能です。くわしくは各ブラウザの設定をご確認ください。

 

3、個人情報の取り扱いについて

こちらは基本的には記載する必要がないのですが、プレゼント企画を行う場合お問い合わせフォームを設置する場合コメントを許可する場合に必要になります。

プレゼント企画を行う場合のテンプレ

プレゼント企画や資料配布などでユーザーの個人情報(氏名・住所・アドレス・電話番号など)を収集する場合は記載は必須になります。

プレゼント企画などを行う場合には、必ず下記の内容をプラボリに記載しましょう!

当Webサイトでは、プレゼント企画をおこなうにあたり、ユーザーの氏名、住所、メールアドレス、電話番号を取得いたします。ただし、プレゼントの発送以外にこれらの情報を利用もしくは第三者に提供することはありません。また、取得した個人情報は企画終了後、ただちに安全に廃棄し、保存はしません。もし、個人情報の取り扱いについて不明点がございましたら、お手数ではございますが(メールアドレスもしくは問い合わせフォームのURL)までご連絡いただけますようお願いいたします。

お問い合わせフォームを導入する場合のテンプレ

こちらのようなお問い合わせフォームをブログに設置する時に、個人情報の取り扱いについて記載する必要があります。

またGoogleアドセンスの承認をもらう条件としても「問合せフォーム」は必須です。
ブログ
広告を行う予定の方は事前に下記の内容をプラボリに記載しておきましょう!

当Webサイトでは、お問合せフォームで記載いただいた、氏名(ハンドルネーム)、メールアドレス、お問合せ内容を取得いたします。利用目的は、お問合せへの対応です。場合によっては、ほかのユーザー様から同じ内容のお問合せがあった際、迅速な対応をおこなうために回答内容を確認する場合もございます。ただし、ユーザー様のお問合せ内容もしくは個人情報を第三者に開示、提供することは一切ございません。また、取得させていただいた個人情報は〇年間保存いたします。なお、お問合せをされた段階で、プライバシーポリシーに同意いただいたとみなしますことあらかじめご承知おきください。

訪問者のコメントを許可する場合のテンプレ

コメントは基本許可しないことをオススメしますが、コメントできるようにする場合は下記のようなプラボリの記載が必要です!

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えてコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

ブログ記事に訪問者がコメントを書けないように事前に設定しておくこともオススメです。

<ブログにコメントできないようにする設定>
ダッシュボード>設定>ディスカッション>デフォルトの投稿設定

 

4、免責事項について

免責事項とは、Webサイトを利用する際、発生する可能性があるリスクやトラブルについてどこまで責任を負うか」を記載したものです。

ブログ運営者が負う責任の範囲、ユーザー側が負う責任の範囲の他、ブログを利用する際の「注意事項」も掲載します。

たとえば、ブログで紹介した商品について「発送に問題があった」「買ったばかりなのにすぐに壊れてしまった」などのクレームがあったとしても、ブログ運営者は商品を製造している訳ではないため、責任を追うことはできないと免責事項で名言しておくとトラブル回避ができます。

このように免責事項はお互いの責任の範囲を決め、トラブルに発展するのを防ぐ役割があります!

当Webサイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますこと、あらかじめご承知おきください。当Webサイトをご利用いただく際は、自己責任でおこなわれるようお願いいたします。なお、当Webサイトの内容、情報は正確性を重視して掲載しておりますが、情報が古くなったり、誤情報が入っていたりする可能性もあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。また、当Webサイトで紹介しているリンク先のWebサイト上で提供される情報、サービスに関しましても一切の責任は負いかねます。

5、著作権・肖像権について

著作権とは、ブログ記事そのものや、記事に含まれる自身で撮影した写真、作成したイラストや図など。

肖像権とは、ブログ内で自身の写真を掲載した際の写真のことです。

これらが勝手に流用されないように下記のような内容を記載する必要があります。

当サイトに記載されてある文章・画像については、著作権法で定められている引用の範囲を超えて、無断で転用・使用することを禁じます。引用をする際は、「引用元の明示」をお守りください。

6、リンクについて

個人ブログに流入するためのリンクを貼る場合や、ブログの文章を引用する場合についてのルールを記載しておくこともオススメです。

「リンクを貼る際の許可は不要です」と明記しておくことで、ブログを紹介したいと思った人が安心して他の場所でブログリンクを貼れるようになります。

拡散されるためにもこちらは積極的に記載しておきましょう!

当Webサイトにリンクを貼る際の許可は不要です。ただし、インラインフレームの使用、画像の直リンクはご遠慮ください。また、記事中の文章を引用される場合は、必ず引用元・参照元・出典元のURLを記載いただけますよう、お願いいたします。

 

プライバシーポリシーの作成方法

「ダッシュボード>固定一覧」に、すでにワードプレスが用意してくれている「プライバシーポリシー」があります!

ダッシュボード>設定>プライバシー>ポリシーガイド

こちらにワードプレスが推奨するポリシーガイドが記載されていますので、参考にしながら、既存の「ポリシーガイド」固定ページに、アフィリエイトやWeb解析のツール導入に伴う必要事項を加筆していけば問題ありません!

私のブログに記載しているプライバシーポリシーはこちらになります!
参考にされてくださいね!

※注意
筆者は法律の素人です。コピペOKですが、自サイトに合わせてご利用下さい。本記事を参考にした事による損害責任は追いかねますので、最終的にはご自身で記載内容をご確認をお願いいたします。(2023年7月時点の情報を載せています)

 

ブログにプラボリを設置する方法

1、プライバシーポリシーを作成する
<既存のテンプレを活用する場合>
固定ページ>プライバシーポリシー>公開
<新しく作成する場合>
固定ページ>新規作成>公開

2、プライバシーポリシーとブログに認識させる
設定>プライバシー
・「プライバシーポリシーページを選択」で固定ページの中から選択
・「このページを使う」をクリックすれば設定完了です!

3、メニューにプライバシーポリシーを追加する
外観>メニュー>「グローバルナビゲーション」(上部のメニュー)を選択
・メニュー項目を追加」から「プライバシーポリシー」にチェックを入れ「メニューにつ追加」をクリック。右側の「メニュー構造」に反映される
・「メニューの位置」の 

 

まとめ

プライバシーポリシーとは、「個人情報をどのように取り扱うのか」を示す文章です。

ブログであれば必要ないと思う方も多いかもしれません。

しかし、コメントのやり取りをしたり、広告配信、アクセス解析ツールを使用したりする場合は、個人情報や行動履歴の収集をおこなうため、必ず設置しましょう。

同時に免責事項についてもしっかりと掲載しておけば、後になってトラブルに発展するリスクを軽減できます。

また、Googleアドセンスは申請すれば誰でも広告が載せられるようになるのではなく、広告審査は少し厳しいと言われています。

プライバシーポリシーのページがないと審査に落ちてしまうことが多いと言われていますので、Googleアドセンス広告に申請する前に、下記の対策はしておきましょう!

・プラバシーポリシーをしっかり見直し必要があれば修正しておく
・最初は下書きになっているので「公開」する
・「プライバシー設定」で記事をプライバシーポリシーと認識させる
・ブログトップページから1クリックで見える位置におく(例:グローバルナビゲーション内)

ブログで早く副収入が得られるように一緒にがんばりましょう!

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

※注意
筆者は法律の素人です。コピペOKですが、自サイトに合わせてご利用下さい。本記事を参考にした事による損害責任は追いかねますので、最終的にはご自身で記載内容をご確認をお願いいたします。(2023年7月時点の情報を載せています)

カテゴリー